最低な元彼ならば、すぐにでも忘れるべきです。しかし、なぜか忘れることができない女性は多いものです。

今回はどうして最低な元彼のことをなかなか忘れることができないのか?その理由についてと対処法を解説します。

スポンサーリンク

良くも悪くも生活の中心に関わってきた人だから

どんな最低な人であれ、その人があなたの生活に大きく関わっていたことは事実です。だから記憶や印象に残りやすいものです。

人は感情とセットにして記憶を定着させることができます。特に女性の場合は、過去を振り返りそれを現在に関連させて考える傾向が強いです。

それは喜怒哀楽のどの感情が芽生えたときであっても刻み込まれるものです。

人は費やしたお金や時間に価値を求めてしまうものだから

費やしてしまったものが大きければ大きいほど、それを損失として認めたくない、価値を見出したいと考えてしまう心理をサンクコスト効果と呼びます。

相手が彼女にとことん依存してくるダメ男の場合、それだけ彼に費やしたものが大きくなるため、どうしてもそれに見合ったものを取り返したいと思ってしまうものです。

もしかすると、あなたも自覚が無いだけでこのサンクコスト効果に囚われてしまっている可能性も否定できません。是非ともこの人間の習性について覚えておき、過去の恋愛は既に終わったものと考える習慣をつけてください。

未完のものに魅力を感じてしまうものだから

テレビの番組の途中でCMが入ると、番組の続きが気になってしまいテレビに釘付けになってしまう。このような未完成のものが気になる心理効果をツァイガルニク効果と言います。

同様の例として、アイデアに煮詰まったときに一旦仕事場を離れてリラックスしていたときにアイデアが閃くというものもあります。これも潜在意識下で、その仕事のことが気になって考え続けているからです。リラックスしたときは、アイデアを刺激するのに最高の状態です。

話が脱線してしまいましたが、「あのとき○○していれば」という後悔があると、その先のことが気になってどうしてもその過去を引きずってしまうものです。

実は自責の念を持っているものだから

自分が原因で元彼と別れることになってしまった、またはあんな男と恋愛した自分が悪いなどの自分を責める気持ちが強いと、どうしても引きずってしまうものです。

特にこのような自責の念を抱いてしまうと、なかなか気持ちを切り替えることができないので、次の行動に進めなくなってしまいます。

逆に別れた原因を相手や状況のせいにできる人ほど、立ち直りが早く切り替えが早いものです。自分を責める気持ちがあることは偉いことですが、諦めた方がメリットがある場合には、原因を自分に求めないほうが良いでしょう。

スポンサーリンク