日本ではそもそもベジタリアンの人が少ないので、「ヴィーガン」という言葉自体をあまり耳にしないかもしれません。

ヘルシー志向の人が多いニューヨークでは「ベジタリアン」の文字が多くみられます。べジタリンと一口でいっても様々な種類があるのを知っていましたか?

主に肉を食べないのが「ベジタリアン」ですが、乳製品、卵、はちみつ、魚などを食べるかどうかによってベジタリアンの中でも細かく分類されていくのです。

今回ご紹介する『by.CHLOE』はヴィーガン、つまりは肉、魚、乳製品、はちみつなど動物性のものを一切取らない人のためのカフェです。

オープンから注目を集め、現在はNYに5店舗を構える人気ぶりですが、味はどうなのでしょう?

by. Chloeの始まり

店頭

ニューヨークでは以前から「ヴィーガン」というものは珍しくはなかったものの、特定の人が好んで選ぶライフスタイルであり、その人たちの特別な食事という感じでした。

そこで Chloe Coscarelliさん(当時28歳)は、気軽にもっと色々な人がヴィーガンフードを食べられるお店を作ろうという思いから、自身でレシピを考案、それを持ってNYで有名な「Esquared Hospitality」という会社に売り込みに。なんと話はトントン拍子に進み、一号店をオープンする運びに。

その人気はソーシャルメディアの助けもあり、瞬く間に広がり現在NY内に5店舗を構えるほどに成長したのです。

店頭

大人気!そのワケは!?

2015年の夏 NYにオープンして以来、大人気!今やマンハッタンに5店舗を構えるほどの人気ぶりのby. Chloe。

その人気はマンハッタンにおさまらず、ボストンやロサンゼルスにも出店したby Chloeですが、その人気の秘訣は一体何なのでしょう?

RECOMMEND PR

ABOUTこの記事をかいた人

Aya

オーストラリアの大学卒業後、ドバイで7年間客室乗務員として勤務、その後ニューヨークへと移住しました!最近はスペイン語のレッスン中。旅行、スイーツが大好き❤︎ 好奇心旺盛です。いつもニューヨークで楽しいものを探しています☺︎