冗談のつもりだったのに本気で受け取られて変な空気に…。そんな冗談の通じない人が身の回りにいませんか。

ジョークは日常生活を送る上での潤滑油として活用されている方も多いでしょう。だけど冗談の通じない人だと逆効果となってしまいがちに。

そんな人に対してどのように接していけばいいのかこちらで挙げていきましょう。

スポンサーリンク

イジる系の冗談を言うのは様子見で

他の人には問題なく乗ってくれたり笑ってくれたりするのに、冗談の通じない人は本気のトーンで返されたりちょっとムッとされてしまったり。

冗談というのは、言う人の人間性や言う時の雰囲気やトーンが大きく心象を左右します。特に相手のことをイジるような冗談は、人柄や立場によっては言ってはいけないことも多々あります。

「本当は結構部屋とか散らかってるんじゃないの?」「もしかして彼氏とデートとか?」と、活字にするとなかなか使うタイミングや言う人を選ぶような内容も浮き彫りになってくるかと思います。

そういう相手のことをちょっとイジる要素のある冗談は、極力控えていきましょう。

冗談も自分でオチをつける

相手の返事を待って成り立つ冗談ですと、冗談ではなく本気で受け取られたり通じていなかったりといった結果になってしまうことも多いでしょう。

そこで、自分でオチもつけて相手に振ってみると気まずい結果にならなくてオススメです。「まぁ冗談だけどね!」といった言葉をさりげなく簡単に付け足して、あっさり終わるようにするといいかもしれませんね。

分かりにくい冗談や、ちょっと相手にとってキツイ印象を持たれる冗談はNGであるというのは絶対的な条件です。

誰を傷つける訳でもなく、天気の話やニュースなど当たり障りのない会話というのは、社会人ならば身に着けておくべきマナーです。そうした話題に冗談を絡めていくと、丁度いいユーモアが取り入れられるでしょう。

相性があるので無理に言うのは控える

冗談は面白いから冗談なのであって、冗談が通じない相手が一方的に悪いのかというと、そうでは決してありません。

冗談の通じない方の真面目さや理知的な部分は尊重すべき魅力の一つですし、言う必要のない冗談を言って通じない相手を非難することは間違っていると言っても良いでしょう。

実際に、自分とは年の離れた年配の方の冗談を面白いと思えなかったり、失礼な物言いの発言はとても冗談に聞こえなかった経験をした方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク