恋人と長年付き合っていると、付き合い始めのようなトキメキはだんだんと消えてしまうものです。恋人が友達のようだと、周りからは「仲が良くて羨ましい」と思われがちですよね。

ですが実際はトキメキも無く、このまま付き合っていけるのか不安に感じていませんか?

ときめかないけど、落ち着く友達みたいな彼氏と結婚して幸せになれるかどうか不安を感じているあなたの為に、どう考えたら不安は無くなるのか、そしてどんな恋人と結婚すれば幸せになれるかをご紹介しちゃいます!

トキメキは必ず薄れていくもの

まず初めに、どんな一流のモデルカップルでも、必ず「トキメキ」は薄れるものだと覚えておいてください。例えハリウッドスターでも、長年同じ人間と付き合っていくのですから「トキメキ」は薄れていってしまいます。

確かに、トキメキを与えてくれる男性は魅力的に見えます。ですが、そのトキメキが毎日継続するものではありませんよね?

たまにサプライズをしてくれたり、高級な所での食事に誘ってくれたり…その小さな積み重ねが「トキメキ」となっていくのです。

なので、「トキメキ」が薄れてきたな…と感じるならば、「トキメキは毎日あるものではない、そして薄れていくものだ」と自分に言い聞かせた方が心が楽になると思います。

彼氏にしかできないことを探す

恋人が友達と同じような扱いになってきた、トキメキを感じない場合には、「彼氏にしかできない事リスト」を作ってみましょう。簡単にで良いので、必ず「恋人にしかできない」限定物で考えてください。

例えば、あなたがもの凄く恥ずかしい失敗をした時に、彼氏に相談できますか?それに友達には話せないような暗い話題も、恋人になら話せるという人は多いと思います。

また、お金の面での心配事を彼氏に話せますか?自分の弱みを曝け出すような相談事も恋人限定ですよね。

そう言った「大切な相談」が友達のような扱いになっている彼氏にできれば、彼との結婚は範囲内で間違いないでしょう。

結婚はトキメキの裏側

甘い結婚生活にときめく女性も多いと思いますが、結婚とはお互いの生活を共有すること。恋人同士の時は見えなかった嫌な生活面も見えてきてしまいます。

恋人同士の時にあまりにもトキメキすぎていると、逆に結婚してから幻滅してしまう場合も…。

確かにかっこいい彼氏の脱ぎっぱなしの靴下が自分のベッドの中に転がっていたら、ときめくものもときめかないかもしれませんね。なので結婚してからも彼氏にときめきたい!というのは難しいかもしれません。