隣の男子と仲良くなるとっておきの方法とは?知りたいですよね。

隣の席の男子が気になる人という方はもちろん、まだよく分からないけどこれから仲良くなりたいと思っている方は必見の、グッと距離を近付けるテクニックをご紹介していきます。

スポンサーリンク

授業関連のことを質問

まさに王道パターンであり、この質問は誰にでもすることができるし返事も答えやすいのでコミュニケーションの第一歩にはもってこいでしょう。

「今日の小テスト範囲どこだっけ?」といったことからはじまり、より親密になればノートを借りたりちょっとした雑談を交わしてみたりと、その後の関係性をより発展させることも可能です。

ただし、ノートやプリントを借りるのは、相手の男子が「人に見せることを想定して書いていなかった」という状態で本当に困惑することも。ちょっと貸してもらうのは無理そうでもそこは諦めるようにしましょう。

帰り際に話しかけるようにするとフランクに話せる

なかなか話しかけるタイミングがつかめない、という方は下校時刻の近付いた頃がオススメ。

帰りのホームルームが始まる前や、終礼の挨拶が終わり部活動に向かう前に一言二言話してみるといいでしょう。これからすぐに解散するので、ちょっと沈黙が流れて気まずい空気に…となることも回避できます。

もうすぐ帰れるという開放的な気分もあって、何気ない会話もフランクに持ち出すことができるでしょう。席が隣だからこそ狙えるこのタイミングを、是非活用してみて下さい。

「それ好きなの?」と持ち物からアプローチ

席が隣だからこそ、男子の持ち物なども自然に目に入ってきます。さりげなく彼の好きな物を聞きつつ会話をつなげることができれば、距離も縮まっていくでしょう。

好きな食べ物からアーティストまで、同年代同士なら会話もスムーズにいくことが多く、お互いの情報交換にも。色々とアンテナを張って会話の糸口を見つけ出していきましょう。

もっと仲良くなればSNSで繋がってみる

席が隣ということで仲が良くなれたら、席が離れてしまうとまた元通りの関係なんてもったいないですよね。とはいえ、男女なのでわざわざ相手の席の近くに行って話しかけるのも周りの目が気になるところ。

そこで教えてもらえそうなら、その男子のSNSで繋がってみると良いでしょう。

フェイスブックやツイッターなどは趣味や同性の友達用にしていて相互に登録しているのがバレてはまずいという場合は、LINEや他の個人的にやりとりできるツールもあるので活用しない手はありません。

やりとりがスムーズになればちょっとしたお誘いを

二人で映画やカフェに出掛けるというのは、なかなかハードルが高いことですが、勉強を教えてもらうという口実から仲良くなっていきましょう。

スポンサーリンク