男性に全部おごってほしいとは言わないし、お金を持っているかどうかで人を好きになるわけではないけれど、できれば貧乏くさい男は避けたいのが女子の本音。

貧乏くさい男と付き合うとお金を使わないデート、お金のかからない食事、何をするにもお金のことがちらついて楽しめません。

こちらがお金を出してもいいのですが、貧乏くさい男はどんどん甘えてきて、苦労が増えてしまいます。そんな貧乏くさい男の特徴を知って、貧乏くさい男との付き合いは避けましょう。

スポンサーリンク

それいつの?古臭いファッション

貧乏くさい男はファッションにお金をかけることをしません。

服も着られなくなるまでは着るという人が多く、穴が開いたなど決定的な事項があるまでは、服を買い替えることをしません。そのため、「それいつ買ったの?」というような服装をしていることが多いのです。

服に穴が開いても着ているようなら、絶望的です。そこまでお金をかけない男は、あなたに対してもお金を使いたがらないことが確実です。

服装にお金をかけているのがいい男というわけではありませんが、流行を追ったこぎれいな格好をしているかどうかは、初対面でまずチェックしておきたい項目です。

お会計の時、姿を消す

貧乏くさい男は、とにかく自分がお金を支払うことが大嫌いです。お店をもう出ようという時、レジまで来てから「ちょっとトイレ!」などと言って、会計時にいなくなる男性は、支払いをあなたにさせようという意図があるずるい貧乏くさい男です。

「ちょっとお金がないから立て替えて」などといった言い訳をすることもなく、あなたに支払わせようとするずるい男は、考え方が根本的に貧乏くさいのでどうにかできるなどとは、考えない方がよいです。

このような男に出会ったらすぐに逃げるか、今後の支払いはすべて自分がするという覚悟を持つかのどちらかです。あなたならどちらを選びますか?

デートプランを考えてくれない

貧乏くさい男の特徴としてデートプランを考えてくれないというものがあります。これはデートプランを考えることが面倒くさいという理由もありますが、デートプランを考えることで責任が生じるのを避けたいという考えもあるのです。

そもそも貧乏くさい男は『出かけること=お金をつかうこと』なので、出かけること自体を嫌うのですが、デートプランを考えた結果、自分の行きたいところに行くことで支払いも自分になってしまうことを恐れているのです。

貧乏くさい男は、あなたの行きたいところに付き合っているという体でデートすることで、支払いをあなたに任せようとしています。

あなたばかりデートプランを考えてしまってはいませんか?その場合彼は貧乏くさい男である可能性が高いです。

スポンサーリンク