この人にしか言ってないはずの私の秘密、他の人も知っていたとなると秘密をばらした人は簡単に特定ができます。友達に秘密をばらされてショックを受けてたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は簡単に人の秘密をばらす口の軽い人は、どのように考えて秘密をばらしてしまうのか?秘密をばらしてしまう人に、今後どのように対処していけばいいのかをご紹介していきます。

 

秘密を聞くと言いたくてうずうずしてしまう

秘密をばらしてしまいやすい口の軽い人も、言ってはいけないという気持ちはもちろん少ないながらあります。友達との秘密だから守らないといけないと、心の奥底ではしっかりとそう思っています。

ただ、共通の知人と話しているとついつい秘密をばらしたくてうずうずし、居ても立っても居られなくなります。

余計に秘密を言いたいという欲求と、秘密を守らなければいけないという自制心が、心の中で戦い続けています。そして、秘密を言いたい相手を目の前にしていると、どうしても秘密を言いたいという欲求が勝ってしまうのです。

この場合は、秘密をばらすということが良くないことだと認識はしているので、まだ救いようはあるのかもしれません。

秘密の内容を話のネタだと考えている

他の人と話していて秘密の内容と近い話題になってきたときに、友達から聞いた守らなければいけない秘密を思い出します。そしてその秘密の内容を話のいいネタだと思ってしまいます。

普通にその話題で話すよりも、友達の秘密を話した方が衝撃的で、面白い内容の話ができるからです。

いいネタがあるよと言わんばかりに友達の秘密をばらします。そしてここだけの秘密だよ!と軽く話のネタとして話してしまうので広がってしまうのも早くなります。

秘密をばらす相手は口が堅いと思っている

秘密をばらすことがよくないことだとは思っていますので、口が見るからに軽そうな人には秘密を話しません。

ただ信頼している親友であったり、口の堅そうな人に対しては、この人には秘密を言っても大丈夫だろうと秘密を話してしまいます。

自分の口は軽くても秘密をばらす相手の口は堅いと秘密は守られるだろうと、ばらす相手のことを完全に信頼しています。

自分がばらしたとはばれないと思っている

友達があなたにしか話さない秘密だから、誰にも話さないでねと秘密を話してきたとしても、他の友達にも同じように言って、秘密を話しているんだろうと思ってしまっています。

なので自分が秘密をばらしたところで他の人もすでに知っているかもしれないし、誰が秘密をばらしたかはばれないだろうと思っています。