新年が明けたら日本では胃を休ませるために七草粥を食べます。同じように、と言っても胃を休ませることは全くできませんが、フランスでも年が明けたら食べるものがあります。

ガレット・デ・ロワと呼ばれるフランスの年明け行事。その行事で食べるガレットについて今回はご紹介していきます。

フランスで年明けの定番行事、ガレット・デ・ロワって?

王冠ガレット

ガレット・デ・ロワとは日本語にすると「王様のお菓子」を意味します。円形の焼き菓子、ガレットの中に入った小さな陶器のお人形を引き当てた人はその年、王様(女王)になれ、幸せな1年間を過ごすことができる、という縁担ぎの行事です。

1月6日、または元旦が明けた最初の日曜日がキリスト教徒にとって公現祭と呼ばれる祝日にあたります。その公現祭の日を祝うために行われるようになりました。

実際にはそこまで日にちにこだわらず、公現祭前後の期間はこのガレットをみんなで食べる機会が非常に多くなります。

パン生地にする?パイ生地にする?

お菓子

円形の焼き菓子のことをガレットと呼びますがその種類は様々です。

パイ生地の中にアーモンドクリームが入ったガレットか、パン生地のブリオッシュと呼ばれる生地の中に砂糖漬けのフルーツがトッピングされたガレットの2種類に分かれます。

人気があるのはパイ生地のガレットで、各パティスリーやパン屋さん、スーパーマーケットでも数多く販売されています。

どこのお店のガレットにする?

お店

ブリオッシュ派かパイ生地派か、どのタイプのガレットにするか決めた後は購入先のお店選びです。

ピエールエルメやラデュレといった日本でも人気のパティスリーのものは先行予約も受け付けています。日本人パティシエのサダハルアオキさんのガレットも抹茶味や黒ごま味のガレットがあり、日本通のフランス人たちの間で好評です。

こういった有名なパティスリーやパン屋さんではショップディスプレイが大々的にガレット・デ・ロワをアピールする展示になります。