いつも自分と真逆のタイプの男性を好きになってしまう、実はこれは良いパートナーを見つけるうえで大事なことです。

今回は自分と真逆のタイプに惹かれてしまう心理や、そんな男性と付き合ってもうまくいくかどうか解説したいと思います。

生物学的にも女性は相補的な男性を求める

女性は味覚や嗅覚が鋭く、男性の汗の匂いや唾液の味で、その人の持つ免疫やホルモンの種類を嗅ぎ分けることができるという研究報告があります。

そして自分が持っていない免疫を持つ男性に惹かれることもわかっています。理由は相補的な免疫や遺伝子を持つ男性との間にできた子ならば、生き残れる可能性が高くなるからだと考えられます。

実は付き合う前から価値観が同じだったカップルは長続きしづらい

価値観が同じであることは付き合う理由に挙げられることもかなり多いです。対立が生まれづらく気を遣う必要もあまり無いと考えられがちです。しかし、時間が経てばお互いの考え方も変わっていき、徐々に価値観も変わっていきます。

お互い分かり合っていると思っていると思い込んでしまっていると、そのズレに気付かないこともよくあります。また、行動パターンがお互い同じだからこそ、付き合っていることにマンネリ化を覚えてしまうこともあります。

お互い歩み寄ろうと努力できる

逆にお互いの価値観が異なるならば、常に自分と相手は違うタイプの人であるという意識を持てるため、相手に気を遣う意識が生まれます。

そして相手を知ろうと努力するため、すれ違いも実は生じづらいものだと言われています。

常に刺激をもらえるから退屈しない

相手のことを知ろうと努力するため、常に相手に興味を持ち続けることができます。

自分と行動や考え方が異なるので対立する可能性もあるかもしれませんが、マンネリ化もしづらく刺激をもらえるため、付き合っていても楽しいでしょう。

一緒にいることで適応能力が格段に上がる

お互い得意分野が異なるため、共同作業をしていると幅広いことに対応できる可能性が高くなります。苦手なところや弱みもお互いに埋め合わせできるでしょう。

ピンチに直面したときにはひとりでは乗り越えられないときでも、ふたりでなら乗り越えられることもきっとたくさんあります。

お互いが成長できるし多様性が得られる

行き詰まったときに、その状況を打破できるものは、今までにない方法や考え方です。だからこそ自分と真逆の人がそばにいれば、その自分にはない視点でアドバイスをもらえるので、違う可能性を見出すことができるでしょう。

RECOMMEND PR