もし、あなたがそろそろ結婚を考えているとしたら、どんなタイプの女性を最後に選びたいか?男性心理を知りたくありませんか?

世の日本人男性の大半以上の回答は、「おしとやかで慎ましい女性」とこたえることでしょう。では、慎ましい女性の魅力とはどこにあるのか?早速見ていきましょう。

慎ましいとは

まずは、慎ましいという言葉の意味から知りましょう。慎ましいとは、控えめ・おしとやか・遠慮深い態度という意味を持っています。

まさに、大和撫子です。男性としては女性に求めるピッタリの言葉の一つでもあるということです。

現代の日本人女性

これまでは、男性が強く女性は一歩引くといったスタイルが主であった日本でしたが、現在ではその立場が逆転している傾向もあります。

それは、時代とともに男性が弱くなったのか、または女性がもっと自分を主張して良いということに気づいたからなのか、正確な理由はハッキリと分かりませんが、海外の女性からの影響もあると思います。

時代の流れとともに慎ましい女性が少なくなっていく中で、男性の結婚の理想の相手が減っていっているのも事実です。

慎ましい女性の魅力

では、実際に慎ましい女性の魅力とはどこにあるのでしょうか。女性の方もその特徴を知り、今の自分の成長の材料として参考にしていただければと思います。

三歩下がって男を立てる

一昔前の亭主関白のようなイメージがありますが、あそこまで堅苦しいものではなく、純粋に相手の男性を立ててあげるという感じです。

ただ、女性が立てても恥ずかしくないような人格を持っている男性も、最近は少なくなってきましたが…。

子ども好きな世話上手

子どもが好きで世話上手な女性は、男性はもちろん女性にも非常に良い印象を持たれます。

純粋無垢な子どもが、何の違和感も警戒心も持たず母親のように接して、嫌な顔一つせずむしろ子どもと接することからエネルギーをもらうような優しく穏やかな表情や姿は大きな魅力です。

おおらかで笑顔の絶えない

先ほどの子供が好きで世和上手の延長ですが、どんな相手にも笑顔で接することも大きな魅力の一つです。

RECOMMEND PR