「彼氏がデート中にゲームばっかりで人の話を全然聞いてくれない」「急に仕事が入ったって言っていたのに実はパチンコに行っていた」なんて愚痴を友人からよく聞かされます。

同棲していても、同棲していなくても、自分の彼がそんな状態だったら悲しいですよね…。もしかしたら一種のギャンブル中毒かもしれません。

なんとかして、彼をゲームやパチンコ中毒から立ち直らせたい方のために、私の体験や友人の体験談を交え、やめさせる方法を考えてみました。

どういう人がゲームやパチンコ中毒になってしまうのか

私が知っている限りでは、フリーターであったり派遣で勤めていたり、ある程度自分の時間が取れる人の方がパチンコにハマりやすい傾向にあると思います。

仕事が忙しくパチンコに行く暇がないような方は、スマホのゲームやテレビゲームに熱中してしまう傾向にあると思います。

私の職場の上司に、根は真面目で人一倍仕事に打ち込むために誰よりも早く出勤し、誰よりも遅くまで職場にいるような方がいらっしゃるのですが、なんと月に10万弱もスマフォゲームに課金してしまうことがあるのだとか…。

人は見掛けによらないものですね。見る目が変わってしまったのは言うまでもないでしょうか…。ゲームやパチンコ中毒は、彼女のいるいないはあまり関係ないかもしれません。これは完全に本人の問題かと…。

何故そんなにゲームやパチンコにハマってしまうのか

単純なことですが、それが一番面白いと思っているからです。私は以前、転職活動をする際に、繋ぎとしてパチンコ店に3ヶ月程勤めました。

それまでパチンコ店に入店したこともなく、パチンコのやり方すら知らなかったのですが、毎日のように勤めていると、お客さんの顔も次第に覚えていきます。

年齢に関係なく常連と化している人達は、「パチンコ以外にすることがないんだろうな」とそんな風に見えました。

パチンコをやらない人は想像できないかもしれませんが、パチンコは出た玉を現金に換えるだけではなく、景品に交換することもできます。

男性の常連客が明らかに女性物の財布とかに交換していくのを見ると、「パチンコの景品をプレゼントされて誰が嬉しいんだか…」って冷めた目で見ちゃいましたね…。

やめさせるための方法

本人はそれが一番楽しいと思ってやっているので、説得することは容易ではありませんが、もっとマシなことに打ち込むよう仕向ける、もしくはお金の管理を彼女がする他ない気がします。

もし結婚を前提に同居しているのであれば、今後家計が一緒になった時のためのシミュレーションも兼ねて、面倒だとは思いますが彼女がお金のやり繰りをかって出ましょう。

RECOMMEND PR