がんばって普段仕事はしているはずなのに、なかなか仕事で成果が出ず給料が上がらない男性、仕事はしているはずなのに、なぜかお金が貯まらず常に金欠気味の男性、他の人と比べて給料がいいはずなのになぜかお金持ちになれない男性など、お金持ちになれない男性にもいろいろなタイプがあります。

こんなお金持ちになれない男性にはいくつかの特徴があります。この記事ではお金持ちにならない男性の特徴をまとめてご紹介していきます。

部屋を片づけない

部屋に飲み終わった缶ビールの空き缶がちらほら放置されていたり、服やカバンなどがいたるところに散らばっていたり、いろいろなところにホコリが溜まっていたり…。そんな部屋が散らかっている人はお金持ちにはならない男性の大きな特徴です。

仕事ができるタイプの男性は身の回りをきちんと片づけることができます。きちんとできるからこそ仕事ができるし、出世にもつながっていきます。

部屋でビールを飲みながらスナックを食べても、きちんとゴミ箱には捨てます。洗濯が面倒で溜まっていたとしても、これから洗濯するものは洗濯かごや洗濯機の中など最低限のことはするので服が床に散らばっているということはありません。

ファッションが好き

服などファッション系のものは、値段も高いので買ってばかりだとお金は貯まりません。また服や靴などを買うことが好きな人は、その人なりのこだわりや好きなブランドがあるので安いものを買っても満足できないので、買う服の値段が高いです。

服などを買うことが趣味になっているので所得に対して大きな割合を服などにかけてしまうため、お金が貯まりません。

同じ所得の人でもあまり服などのファッションにお金をかけない人と所得の割にブランドの服や靴などにお金をかけている人では、お金の価値も変わってきてしまいます。

服など普段高額な買い物に慣れているとファッション以外の普段のものの消費額も自然と上がってしまいます。

パチンコに行く

パチンコで勝ってお金を稼ごうと考えてしまうタイプの人は、パチンコに費やすお金を貯蓄などの有効活用できる方法に回すということをしないのでお金が貯まりません。

お金に余裕が出ると貯蓄などをするのではなく、パチンコで勝ってもっと稼ごうと考えます。

本来他に有効活用できるはずのお金をパチンコに回し、負けてしまうともちろんお金は無くなります。勝ったとしても、勝ったからと普段行けないような高いレストランに行ったり、高い買い物をしたりと勝ったお金を「ボーナス」のように考えています。

お金を貯蓄したり有効活用しようという考え方がないため、本来貯蓄できたものが結果的にはゼロになるためお金持ちにはなれません。

飲み友達が多い

たまには友達と楽しくお酒を飲むことはいいことなのですが、お酒を飲むと意外と料金が高くついてしまいます。

RECOMMEND PR