昨今、甘いものの代わりにセイボリーと呼ばれる塩味のスナックが注目されていますね。ちょっと小腹がすいたときや、アペタイザーとしても気軽につまめる「セイボリー」スナックはイギリスにはたくさんの種類があり、手軽にスーパーやお肉屋さんで購入できます。

今回はその中でもパーティーやランチに人気のイギリスのセイボリーをご紹介します。

セイボリーとは

お菓子

セイボリーは一般的に塩系の食べ物のことを指します。間食としては甘いものより適度な塩分が満腹感を持続させるとも言われ、ヘルシー志向の方はナッツなどに置き換える方も最近では話題になっています。

日本でもフランスのケークサレなどの甘くないケーキやマフィンなどでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ところがイギリスでよく食べられるセイボリースナックは、パイ生地などが多用されているものが多くボリューム満点。軽い食事代わりにもなりますしお弁当にも。

今回はその中でもポピュラーなセイボリースナックを見ていきましょう。

コールドミール代表「ポークパイ」

イギリスの伝統のコールドミールで、名前のとおり冷たいまま食べるタルト状のスナックです。固めでサクサクのタルト生地の中に、豚肉がぎっしりと詰まっており、噛むほどにジューシーなお肉が口の中で溶けていきます。

定番のものからウスター味など他の味のバラエティもあり、その触感や味わいがワインやビールなどのお酒にもよく合います。

大きなものはケーキのように切り分けておしゃれに盛り付けちょっとしたパーティーやお誕生日会、ランチ会にもぴったり。また小さなものは崩れにくいのでピクニックやバーベキュー、お弁当にも最適です。

ポークパイ

手作りもできますが、とても手間がかかるのでほとんどのイギリスの方はお肉屋さんやスーパーで買います。

サックサクの「ソーセージロール」

ソーセージロール

パイ生地の中にソーセージミートを詰めて焼き上げたセイボリーです。日本の肉まんのように、街中のテイクアウトのベーカリーやハイウェイのドライブインでも温かいソーセージロールが売られています。

ABOUTこの記事をかいた人

Maru

イギリス在住の元インテリアコーディネーター。趣味はDIYとガーデニングです。日常から感じた何コレ?や、カワイイ!ビックリなどのアレコレを楽しくシェアできたらと思っています。