ロサンゼルスといえば、ハリウッド映画を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

さまざまな映画が作られているハリウッドでは、映画好きにはたまらないスポットが盛りだくさんとなっており、街を歩くだけでも楽しい時間を過ごすことができます。

今回はそんなハリウッドについてご紹介させていただきます!

歴史あるハリウッド

看板

1853年にハリウッドとして街ができ、当初は農作物の地として栄えていました。アメリカで映画と言えばハリウッドをイメージされる方が多いと思いますが、1900年代はニューヨークとシカゴが映画産業でのメインでした。

しかし、映画を制作していたユダヤ人がトーマスエジソンが発明した映画カメラの使用に関する特許料を払っていなかったため、問題となってしまいます。

そんな高額な特許料の支払いから逃れるために向かったのが、西海岸にあるハリウッドでした。

今でも映画会社として最も有名な「Warner Bros(ワーナー・ブラザース)」や「20th Century Fox(20世紀フォックス)」、「Paramount(パラマウント)」などは、その当時東海岸からはるばる移動してきたユダヤ人たちによって作られています。

「Walk of fame(ウォーク・オブ・フェイム」

Walk of fame

ハリウッドのメイン通りの歩道に施されている星型のプレート「Walk of fame」は、映画や音楽などあらゆるエンターテイメントで活躍した人やキャラクターの名前が彫られており、有名な俳優やキャラクターを探しながら歩くことで楽しさが倍増します♪

2500以上のプレートがあり全部見ることはは中々難しくなっているので、あらかじめ自分の好きな芸能人やキャラクターのプレートがあるスポットを調べておくと良いかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

一条さき

海外生活2年目で、アメリカに住んでおります。美容やコスメに関すること、お料理やお菓子作り、日本の伝統芸術などが大好きです。皆さまに楽しんでいただけるような情報をお届けできるよう精いっぱい頑張ります♪