失恋はとても苦しく辛いもので、振られるということは自分を否定されたような気持ちになり、ひどく落ち込んだ気分になります。

食事も喉を通らなくなり痩せてしまったり、人によっては死にたいと思う気持ちになったりもするものです。しかし、失恋は悪いことばかりではないのです。

人生に無駄な経験などありません。振られることで学べることもあるのです。辛いばかりだと思っていた失恋もいい経験にすることができるのです。

今日は振られることで学べる人生に必要なことについて知っていきましょう。失恋はあなたの人生において必要なことだったのです。

人は自分の思い通りにはならない

付き合っていると相手が自分の欲しいと思ったものを買ってくれたり、自分の行きたいと言ったところに連れて行ってくれたり、ついつい相手は自分の望みを叶えてくれると思ってしまいがちです。

しかし、そうではありません。人は自分の思い通りにはなりません。一見当たり前のように聞こえることですが、実際に目の当たりにすることで実感を伴い、より理解できるようになります。

人は自分の思い通りにはならず、別れるという意思も変えることはできないものなのです。

当たり前の幸せはない

初めのうちは、両想いになれたことでどんな些細なことも幸せに感じられていたはずです。しかし、慣れてくるとその幸せは当たり前に感じられてきます。

しかし、当たり前の幸せはありません。悲しいですが、そのことを一番実感できるのは、幸せが壊れてしまった時です。振られてしまった後で、もっと何かできることはなかったかなと考えることでしょう。

幸せは互いの努力で成り立つものです。次の幸せがやってきた時には、幸せの維持のために努力ができる人になっていることでしょう。

好きな人が自分を好きだということは奇跡

『好きになった人が自分を好きでいてくれる』ということは奇跡です。星の数ほどいる男女の中で出会うだけでも奇跡なのに、好きになって、相手も好きになってくれたということは奇跡的なことです。

振られてしまい失恋したことで、このことが奇跡だということをより強く実感するようになるでしょう。そして、次にまた奇跡が起こった時には、この奇跡をより大事にできるようになります。

人の優しさ

失恋して一番ありがたいのが、慰めてくれたり気晴らしに連れ出してくれたりする友達の存在です。失恋という深い傷を負ったあなたに対し、友達は優しくあなたの傷を癒そうとしてくれるでしょう。

振られて失恋するという傷を負ったからこそ、そんな時に友人が見せてくれる優しさに気づくことができたのです。