失恋は辛い出来事でしばらく落ち込む日々が続いたり、もう元気になったと思ってもまた思い出してモヤモヤしてしまったり、吹っ切れるまでには時間やきっかけが必要となります。

失恋から完全復活したと言えるまでにかかる期間やきっかけは、人によって違い、またどのような恋をしていたかにもよって違ってくるものです。

そこで今日は、失恋のモヤモヤが吹っ切れたきっかけや期間について見ていきましょう。大丈夫、失恋は辛く苦しいことですが、失恋のモヤモヤはいつかは必ず晴れるものなのです。

次の恋

失恋のモヤモヤを吹っ切るために一番有効なのが、新たな次の恋をするということです。失恋した気持ちのままで次の恋に踏み出すことは難しいことかもしれませんが、自分から好きにならなくてもいいのです。

誰かから好きになってもらいアプローチされることでも、失恋のモヤモヤは晴れます。誰かから好きになってもらえる自分を確認することで、次に踏み出すことができるのです。

モヤモヤした気持ちを晴らしたいのなら、出会いの場に出かけてみるのも一つの手です。

引越し

環境を変えることはモヤモヤを吹っ切る手段の1つです。彼と付き合っていた頃と同じ部屋で夜を過ごすことは、彼のことを思い出しやすい状況で、いつまでも吹っ切れにくい状況だと言えます。

そんな時には思い切って引越しして、環境を変えることで失恋のモヤモヤを吹っ切るきっかけにしましょう。

転職

失恋のモヤモヤを吹っ切るきっかけとしては、転職するということがあります。

転職すると環境が変わり、彼を思い出しにくくなるばかりでなく、新しい仕事を覚えるのに忙しくなり彼のことを思い出す暇もなくなるのです。

転職してしまい忙しい環境に身を置くというのは、失恋のモヤモヤを吹っ切るきっかけとなります。

仕事や趣味に打ち込む

失恋を引きずってしまうのは、失恋について考えてしまう時間があるからです。失恋から完全復活するためには、失恋を考える時間をなくしてしまえばいいのです。

仕事や趣味、何でも構いません、打ち込めることを見つけて打ち込んでいきましょう。打ち込んだことで失恋を吹っ切れるだけでなく、仕事で成果が上げられたり、人生を充実させられる趣味を見つけられたり、他のいい効果も考えられます。

失恋を吹っ切りたいのなら、仕事や趣味など何かに打ち込んでみましょう。そのうち自然と失恋のモヤモヤは吹っ切れるでしょう。