日本ではよく、「ヨーロッパでは初対面時に相手の年齢を尋ねる習慣はない」と言われていますが、筆者自身、スウェーデンで生活する中で、初対面時の会話中にそれとなく年齢を聞かれることは多々あります。

また、筆者がこれまでに受講した大学の各コースでの自己紹介の際にも、自身の年齢を公表する学生は意外に多いという事実に驚きました。

年齢を知ったからといって、態度や距離感の取り方が変わるということは特にありません。単純に「何歳位の人なのだろう」と好奇心をもつことは、スウェーデンでもある程度一般的なようです。

今回の記事では、スウェーデンでは、恋愛や結婚、人間関係、進学や就職において、年齢がどのような影響を及ぼすのかについてお伝えします。

年齢にかかわらず対等な人間関係

スウェーデンでは、英語のミスターあるいはミセスに相当する敬称が日常的に使用されることはなく、性別や年齢、社会的立場に関係なくお互いをファーストネームで呼び合います。

日本と同様に、同年代同士での交友関係を好む傾向はスウェーデン人にも確かにありますが、日本のように1歳の違いで上下関係が成立する文化がないため、スウェーデンでは多少の年齢差を気にせず、対等な人間関係を築きやすいと言えます。

対等であるがゆえに、先生や上司等、年齢や立場が自分よりも上の相手に対しても比較的はっきりと反対意見や批判を主張できる風潮があるという点も印象的です。

スウェーデン人カップルの年齢差

日本では、「ヨーロッパ人男性は女性の年齢を気にしない」と考えられているようですが、スウェーデンでも、10~30歳と大きな年齢差のある外国人女性を現地に呼び寄せて同棲あるいは結婚をする男性や、デーティングサイト上等で、18~35歳位迄の若い女性との交際を強く希望する中高年の男性はいます。

ただし、実際にここまで極端な年齢差のあるカップルはスウェーデンでは稀です。

年下の女性や若く見える女性が好まれるという風潮はどうしてもあるものの、最終的には、男女共に自分と同等の教養や教育レベル、キャリアを持っているという事実を重視するため、年齢差がプラスマイナス5歳以内の同年代のカップルが必然的に多数派を占めるのです。

20代で結婚や出産=理想の人生という認識はない

スウェーデンでも日本と同様に、人生を共に歩むパートナーと出会い、家庭を築くということはとても幸運であり、価値のあることだと捉えられています。

その一方で、スウェーデンでは日本のように、周囲の人が、20代後半から30代で彼氏のいない女性に対して「結婚の予定は?」、子供のいない夫婦に対して「子供はいつ作るの?」等と干渉をすることは稀です。

同棲カップルの多いスウェーデンでは、結婚という形式への拘りが薄いという事情に加えて、「20代で結婚し出産することが女性として理想の人生」「結婚や出産を経てこそ一人前の人間」と決めつける風潮がないことが、独身であることへの劣等感を抱く女性が少ない要因の一つとなっています。

20代や30代の女性が、あえて恋愛や結婚以外のことを優先するという選択も、ごく自然に受け入れられています。

ABOUTこの記事をかいた人

近藤万祐子

神奈川県横浜市出身の30代の日本人女性です。2012年に、スウェーデン人男性と結婚し、スウェーデン南部へ移住しました。現在は、現地の大学で心理学と教育学を勉強しています。また、学業の傍ら、スウェーデン在住ライターとして、海外生活、留学、異文化理解、ヨーロッパと日本の教育などに関する記事を投稿しています。