元彼に未練がある場合、復縁するために頑張れば良いのか、もしくはきっぱりと忘れて新しい恋に目を向けた方が良いのか、非常に悩むところです。一体、何を判断基準にすれば良いのでしょうか。

ここでは、きっぱりと忘れるべきか、復縁するために頑張るのか、その判断材料となる事柄を紹介していきます。

スポンサーリンク

忘れるべき判断材料①彼の社会性

復縁について悩んでいるとき、つい自分の気持ちにばかりに重点を置きがちです。あなたの彼を好きな気持ち、また彼に依存する気持ちが強すぎて悩んでしまっているのだと言えます。

未練ばかりこぼしていても、前には進めませんから、まずは冷静になって彼のことを客観視してみましょう。一つ目は、彼の社会性についてです。

彼はどんな仕事に就いていますか?その仕事に将来性はありますか?彼は真面目に誠実に仕事と向き合う人ですか?大人としての常識的なマナーや倫理観は持っているでしょうか?嘘をつく人ですか?

少しでも元彼が社会性に欠ける部分があれば、もうそれは忘れるべきであると言えるでしょう。ヨリを戻して一緒にいても、あなたが成長できる相手ではありませんので、新しい恋を探すべきです。

忘れるべき判断材料②彼の女性関係

二つ目は、彼の女性関係についてです。あなたと、あなた以前の女性関係について思い出してみてください。一人の女性と長く付き合うほうでしょうか?浮気をしていたことはありましたか?

恋人に対して、誠実とは言えない部分が一つでもあるとするなら、元彼のことは忘れるべきです。復縁をしたとしても、あなたが今後彼と幸せになれる可能性は低いでしょう。

忘れるべき判断材料③彼の金銭感覚

三つ目は、彼の金銭感覚についてです。付き合っていたとき、彼のお金使いはどうでしたか?彼はギャンブルをしますか?彼は借金をしていませんでしたか?

浪費癖があるなど、お金の使い方が荒かったり、収入と支出のバランスが崩れてお金の管理ができない人であったりする場合、あなたにとって良い影響はありません。

そしてギャンブルや借金などは言語道断で、全くもって悪影響でしかないでしょう。そんな彼と復縁してもこの先あなたが苦労するだけなのは目に見えていますので、きっぱりと忘れるのが最善だと言えます。

復縁するために頑張るべき判断材料①別れた原因が不明

別れた原因がはっきりとしていない場合は、復縁するために頑張っても良い傾向にあります。

例えば自然消滅となった場合や、「距離を置きたい」「いったん別れたい」と言ったように、はっきりとした理由を告げられずに曖昧な感じで別れてしまった場合も、まだ可能性はあるかもしれませんので諦めるのは早いです。

まずは、別れた理由について原因を究明することが先決です。

スポンサーリンク