彼氏に会いたいと思ってもすぐに簡単には会えないのが辛い遠距離恋愛。遠距離だと普段はメールや電話しかできず、彼氏に会いたいという思いも募ってきます。

今回は遠距離中の彼氏に無性に会いたいと思う瞬間6選をご紹介していきます。

 

電話で声を聞いたとき

遠距離中だと彼氏との連絡は基本的にメッセージか電話になってしまいます。メッセージより電話の方が彼氏の声が聞けて、生で会話ができてより彼氏と接している感じがします。

生で声を聞き、会話をすると今度は会って話がしたいと思うようになります。

電話はメッセージと違いお互いに空いていないとで話すことはできませんので、仕事や学校など通常活動中はメッセージでやり取りしていると、電話で遠距離恋愛中の彼氏の声を聞くとメッセージでやり取りするよりも、彼氏のことをより近くに感じることができます。

電話で彼氏の声を聞き生で話すとさらに彼氏に近づきたい、電話じゃなくて会いたいと更なる欲求が芽生えます。

優しい言葉をかけてもらったとき

彼氏に電話やメッセージで落ち込んでいるときに優しい言葉をかけてもらったり、何気ない日常のやり取りの中で優しい言葉をかけてもらったり、大好きだよや愛してるよなどの愛の言葉を聞いたときには、彼氏のことが改めて愛しくなります。

そのため彼氏に無性に会いたいという感情が強く芽生えます。

カップルを見たとき

カップルが楽しそうに食事を楽しんでいたり、手をつないで街を歩いていたり、電車の中でお互いに寄り添うように座ってたり、おしゃれなデートスポットでたくさんのカップルがデートを満喫していたりなどカップルが微笑ましい様子でデートをしているのを見ると、自分も彼氏が近くに住んでいたら彼氏とデートができるのに…と遠距離中の彼氏に思いをはせてしまいます。

カップルがデートを満喫しているのを見ると羨ましさやカップルが街で嫉妬などの感情から、自分も彼氏とデートがしたいと思うようになります。そして無性に彼氏に会いたくなってしまいます。

イベント事のあるとき

クリスマスやバレンタインデーなどカップルで過ごすことが多いイベントの日が近づくと、街にきれいなクリスマスのイルミネーションやクリスマスツリーが現れたり、バレンタインデーの時期が近付くとショッピングモールやスーパーマーケットでは、チョコレートを大々的に売り始めたり、あらゆるお店でバレンタインデーのプレゼント用の商品を販売し始めます。

クリスマスやバレンタインムード満載の街並みを見ると遠距離中の彼氏のことを考えてしまい、華やかな街並みに相反して無性に寂しくなったりして会いたくなります。

人の恋愛話を聞いたとき

友達や職場などの身近な人から彼氏の愚痴や、彼氏といった場所などの話を聞くと、どうしても羨ましくなってしまったり、遠距離中の彼氏のことを考えるきっかけになります。

RECOMMEND PR