片思いの相手には、会いたくても会えないことが多いですよね。

自分から積極的に誘うのも気が引けるし、付き合ってもいないのに寂しいなんて言葉口が裂けても言えない…。そんな気持ちで葛藤している女性は、星の数ほどいるのでは?

そこでそんな片思いの男性にさりげなく寂しい気持ちを伝えたい女性必見!何となく自分の「会いたい」「寂しい」を伝える方法をお教えします^^

片思いの相手には積極的に連絡を

そもそも片思いの相手に会えないときは、メールや電話で連絡を取り合うしか寂しさ手段はないです。片思いだからこそ、相手に自分をアピールするために積極的に連絡をするべきです。

積極的に連絡をしたら自分が好きだってバレてしまう…。ガッツいていると思われそうで怖いと思う人もいるかもしれませんが、寂しい気持ちを伝えるということは、好きだとバレるに等しいことだと思ってください。

でも男性は好意を持たれていると思うと、その相手に対し少なからず興味を抱くものですから、積極的にアピールしていきましょう。

スタンプで寂しさをアピール

今やメールよりもLINEを連絡ツールして使用している人が多いですよね。LINEには、メールよりももっと手軽に気持ちを伝えられる方法があります。それこそが“LINEスタンプ”です!

LINEスタンプは、男女関係なく使用していますよね。しかも、スタンプ自体にあまり意味を感じ取ろうと見ているは少ないのではないでしょうか。

寂しい顔をしたスタンプや寂しいと文字が入っているスタンプを使っても、相手はそこまで深読みしない可能性も!?

伝われば伝わったで、寂しいと直接言ってもいないですから、片思いの相手をドキっとさせられますよ^^

思い出しちゃった作戦

離れているからこそ使えるのが“思い出しちゃった作戦”です。片思いの彼とのふとした出来事や彼の得意なものや好きなものを見たり思い出したときに連絡をする作戦です。

「この間○○(彼の好きなもの)見かけました。ふと、○○さんを思い出しちゃいましたよ~なんだか最近お会いできてなくて寂しさを感じました(笑)」と送れば、そこまで重くもないですし、相手からすれば本気なのか本気ではないのか悩むボーダーラインなのでは?

メールが来なかったら

頻繁にメールをする間柄ならば、メールが返ってこなかった日があれば「○○さんと毎日メールしていたから、連絡来ないとなんだか調子狂いますね(笑)なんて、何面だって感じですよね(笑)」と、ちょっと冗談っぽく、そして控えめに送ってみましょう。

注意すべき点は、重くなりすぎないことと、メールを頻繁に送り合うくらい仲が良く、なんとなく相手も好意があるかな?という関係性の場合に限るということです。

RECOMMEND PR