片思いは、悩みも多いですが楽しいものです?でも、友達と同じ人を好きになってしまう、いわゆる三角関係状態では、片思いの醍醐味である楽しさは半減、悩みも多いし、とても神経を使う大変な恋です。

そうだと分かっていても、止まらないのが恋心ですよね…。でも友達との関係も壊したくないし、大切だし、そんなわがまま通用しないよね?と不安ではありませんか?

今回はそんなあなたへ、友達の関係を壊さず片思いの相手も諦めたくないときの対処法を伝授します。

友人に素直に気持ちを伝える

必ず友人に、自分も同じ相手が好きだということを伝えましょう。これは絶対にしてください。後々伝えると「なんで言わなかったの?」と大ゲンカに発展する恐れがあります。

しかも、友達ですから恋バナもするでしょう。そんなときどんな気持ちだったの?と泣かれても、あなたからは何も言えなくなりますよ?

仮にあなたが後から好きになったとします。確かに友達に伝えにくいですよね…。

でも伝えないということは、友達との関係も中途半端ですし、彼にもアプローチできないですから、見ているだけでもいいということと等しいです。ここは、勇気を振り絞って友人に気持ちを伝えるべきです。

お互いフェアに恋愛する

三角関係の場合、先に告白をした方が有利ですよね。仲の良い友達同士であっても、どちらが先に仕掛けるかなどを考えながら交友関係は深めにくいですし、相手への憎悪も産まれるもの。

ですからお互いにフェアな恋愛をすることで、交友関係も壊れにくくなります。

  • 告白の期間をいつまでと決める
  • 告白を同時にする
  • 告白までは相手に個人的アプローチをするのはOK
  • どんな結果になっても精一杯を尽くして後悔をしない、相手を憎まない

上記のようなものです。

友人の気持ちも尊重する

先ほど、フェアな恋愛をするために決め事をすると書きましたが、自分の意見だけを押し付けずに相手の気持ちも尊重した上で決めていきましょう。

相手からしたら、告白のタイミングを決められるのが嫌な人だっています。もしかすると、相手は友情優先で話を進めたいかもしれませんしね^^

RECOMMEND PR