現在販売されているウォーターサーバーのほとんどが、冷水とお湯の両方使えるタイプのものです。粉ミルクなどを作る際に必要となる冷水と温水が、簡単に出てきます。普通はお湯を沸かす手間がかかりますが、ウォーターサーバーがあれば時間と手間を省くことが可能です。

粉ミルクだけに限らず、離乳食などの料理をする際にも便利です。離乳食はやわらかくしたり、細かく刻んだりと、調理が面倒な場合があります。野菜などを煮る際にもお湯を使いますし、スープなどを作る際もお湯が欠かせません。

ウォーターサーバーが一つあれば、ミルクも離乳食も簡単に作ることができます。料理が苦手という新米主婦にはかなり役立つアイテムとなるでしょう。

1:水を定期的に自宅まで運んでくれます

ウォーターサーバーを契約すると、大抵の会社は水を配達してくれるシステムとなっています。まとまった数のボトルを定期的に運んできてくれるため、育児に忙しくて買い物に行く時間が少ない時は、かなり便利です。

市販の水を買う場合、自力で自宅まで運ばなければなりません。マイカーがあったとしても、小さい子供を連れて買い物に行くこと自体が大変です。さらに水は重たいものなので、体力も消耗してしまいます。

ウォーターサーバーを利用すれば、育児の合間に配達された水をセットするだけで、おいしい水がいつでも飲めるようになります。これにより、育児に集中することができます。

2:意外とリーズナブルなので、節約できます

ウォーターサーバーは高いというイメージを持っている人は多いと思います。

しかし、500mlのペットボトルの水を購入した場合と比較してみると、ウォーターサーバーの方が割安になる場合が多いのです。今までミネラルウォーターを購入していた方や、浄水器を使ってきた方は、料金を比較してみると良いと思います。

ウォーターサーバーのメーカーによっては、キャンペーン期間中に割引や特典などがつくことがあります。そうした制度を利用することで、お得に利用することも可能です。ウォーターサーバーのメーカーの中には、希少価値の高い水を扱っている場合があり、そうした水は料金が高めに設定されていることもあります。

つまりウォーターサーバーでは、一般的には市販の水を買うのと同等か、それ以下のコストに抑えることができます。育児中は何かとお金がかかるものです。粉ミルクや衣料品、オムツなどの消耗品の費用がかさみます。水の料金を安く抑えることができれば、育児もしやすくなるでしょう。

3:虫歯のリスクを減らすことができます

ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りに使えるだけでなく、子供の水分補給としてそのまま飲めるというメリットもあります。人工的な成分が入った甘いジュースなどを飲めば虫歯になるリスクが高まりますが、水であればそういうリスクを減らすことができます。

自分で活動できる幼児期に入れば、飲みたいものを自分で選択するようになります。ウォーターサーバーはペットボトルの水と違い、操作が面白いと感じる子供が多いようです。遊び感覚で水を積極的に飲むようになれば、他の飲み物より優先的に飲んでくれるので、その結果的に虫歯になりにくくなります。

RECOMMEND PR