連絡しても彼女から何時間も連絡がこない・・・不安でイライラする…連絡が来るようにする3つの方法

「彼女からなかなか連絡が来ない…」「既読はついているのに…」など、不安を募らせたりイライラしてしまったりすることはないでしょうか。特に、まだ付き合いたてのカップルに多い傾向にあります。

なぜ何時間も彼女から連絡が来ないのか、その原因を探るとともに、彼女からスムーズな連絡が来るようにする方法をご紹介していきます。

 

理由①忙しい

まず、こちらが電話やメールをしているのに、返信までに時間がかかる理由としては、単純に「忙しいから」であることが多いと言えます。学生なら勉強やバイト、社会人なら仕事に追われている場合もあるでしょう。

その状況を汲み取ってあげる余裕が彼氏にないために、不安やイライラを募らせてしまうのだと言えます。また、本当に忙しい状況だと「忙しいから」という理由を連絡するのもままならないはずです。

理由②恋愛至上主義ではない

電話やメールで連絡のやり取りを頻繁に行うことが愛情確認の方法である、という感覚を持つことは、決して誰もがそうではありません。

恋愛至上主義ではない女性は、恋愛以外にも仕事や趣味、学業、友達や家族との付き合いも大事にしていと思っている人が多く、彼氏の優先順位が低く、束縛を嫌う傾向にあります。もしかすると、あなたと彼女の「恋愛に対する価値観」にズレがあるのかもしれません。

方法①頻繁に連絡しない

不安になるからと言って、あまり一方的に何度もこちらから連絡をしていると、彼女にうんざりされる可能性が高く、ますます連絡は遅くなることが予想されます。また、「束縛されている?」と思われてしまいがちですので、連絡の頻度には注意を払いましょう。

ついイライラしてしまい、連絡を催促するようなことは絶対に避けましょう。電話やメールを、多くても一日に2.3度を限度にすることを目安にすると良いでしょう。

方法②メールは短く疑問形で送る

メールでの連絡は、あまり長いと返事を返すほうも大変です。彼女が返信しやすいように、短い文面で送ることを意識しましょう。また、疑問形の文章を送ると効果的です。

返信する必要があるのかないのかわからないような、どうでも良い内容を送ってしまうと、不用意に彼女を悩ませるなどして返信率は低くなってしまうでしょう。

方法③彼女に気遣う・労わる

彼女からの連絡が来るようにするために、最も効果的だと言えるのが「彼女を気遣う・労わる」ことです。「こちらが連絡をしているのに彼女から連絡が来ない」とイライラしてしまうのは、ひどく自分勝手な感情です。

メールなどで、さりげなく彼女を思いやる気持ちを見せる連絡をしてみましょう。「お疲れさま」「いつも大変だね」「気晴らしに今度おいしいスイーツ食べに行こう」など、気遣う気持ちが垣間見える優しい内容だと、彼女もすぐに返信したくなるでしょう。

RECOMMEND PR