男性も女性も星の数ほどいるのに、その中から自分を選んでくれた彼!

「どうしてだろう?」「私でいいの?」と思う事があります。

これは日本人女性の特徴かもしれません。

今回は彼女が「私でいいの?」と度々聞いてくる時の、複雑な心理についてせまってみます。

トラウマになっている

彼女も今までの人生で、色々な経験をしてきているはずです。もしかしたらその中で辛い思い出があるのかもしれませんね。例えば信じていた彼に裏切られたとか、いきなり別れを切り出されたなど。過去に辛い別れを経験した彼女には、それがトラウマになっている可能性もあります。

彼女自身はそのトラウマに気づかなくても、本当に私で良いのかしら?と思い、あなたに聞いているのです。

甘えん坊

女の子の中には甘えん坊で、いつも愛情を確かめたいという性格の子も多いもの。「私でいいの?」と聞く事で、「もちろんさ。」「君だから良いんだ。」なんて甘い言葉を待っているのです。

本当に信じられない時

彼がすごく格好良くて優しくて誰からも好かれているのに、自分を選んでくれた事を信じられない場合があります。

こんな時は素直に「本当に私でいいの?」と不思議に思うのです。嬉しい反面不安でもあるので、何度も聞きたくなるのです。

ある意味自分を守っている

彼がとってもステキな人でモテモテだし、パーフェクトに近い人だとします。そんなケースでは、「すぐに捨てられても、傷つかないように。」と自分に言い聞かせている場合があります。

そのために「私でいいの?」と聞きながら、あなたの反応を伺っているのです。

もしあなたが答える時に冷ややかだったら彼女は、「もうすぐ別れるのかも?」と思ってしまうかもしれませんよ。

彼の気持ちが見えない時

あなたが照れ屋さんで、彼女にあまり愛情表現をしていないとします。

RECOMMEND PR