現在子育て中の新米ママさん、そろそろ外に働きに出ようかなと思ったことはありませんか?あるいは出産後も今の仕事を続けたいとお考えのあなた。実際に両立するのはかんたんなことではありませんよね。

ちゃんと出来るか不安もありませんか?私もその1人でした。その経験から、働きながら子育てをする上で大変だったなぁと思うことをご紹介したいと思います。

家事をする時間が欲しい

なんと言っても、ダントツで家事の大変さです。

掃除、洗濯、料理、洗い物、お風呂、買い物、、、あげたらきりがないほど毎日やらなければいけない事がたくさんありますよね。育メンパパという頼もしい旦那さんも増えて来てますが、まだまだお母さんがメインで家事をこなしている家庭は多いと思います。

専業主婦として一日を自宅で過ごせていた時は、毎日やらなければいけない家事は、育児の合間にすませていました。私も現在、子育てしながら仕事をしています。子供が1歳の時に、保育園にあずけて外でパートをするようになった途端に、一気に家事をこなす時間が少なくなりました。

朝はバタバタと朝ご飯の準備や旦那さんのお弁当作り、子供の身支度を済ませながら、自分の身支度をギリギリで終わらせて家を出ます。

帰りは保育園のお迎え後、18時に帰宅し、ひと息つく間もなく夕飯作りに取りかかります。夕飯後はゆっくりしたいところですが、洗い物、お風呂の準備、旦那さんの帰りが遅い時は、子供と一緒にお風呂、あっという間に寝る時間です。

1日が目まぐるしく過ぎるので、洗い物や洗濯が翌日に持ちこしになったり、夕飯も作る時間がない時はお惣菜に頼ってみたり、毎日していた掃除が週に1回、などなど本当に忙しくて、時間が倍になってくれないかなあと思う事があります。

職場に電話するのが憂鬱

以前パートに働きに出ていた時は、子供がまだ小さく、よく熱を出したりしていました。当然、保育園はお休みしなければなりませんので職場に連絡をしますよね。

子供が小さいうちは色々な病気に感染しますので、1日休んで保育園に復帰するというのは、結構まれで、症状にもよりますが、だいたい3日か4日間はお休みしなければならないのです。

その間、毎日、職場にお休みします、と連絡をしなければいけません。色々仕事を残して休んでしまって、迷惑をかけてるなぁとか、誰かが代わりに仕事を負担してくれてるのかなぁと、罪悪感もわいてくるのです。

これが、保育園に預けたばかりの頃は、多い時は月に2回熱を出すことが多かったので、職場にお休みの連絡をするのが、とても憂鬱に感じた事もありました。

自分の時間が持てない

上記で述べたように、家事や育児、仕事に追われる毎日ですし、子供が病気の時は看病もあります。働きながら子育てをするお母さんというのは、ゆっくり自分の時間が、なかなか持てません。

それまでは、ゆっくりニュースやドラマを見る時間も工夫しながら作れていましたが、働き出すと、テレビは耳で聞くだけで、ほぼBGMのようなものですし、テレビをリアルタイムで見る機会は減ってしまいます。