「彼氏とこの映画が観たい」「こんなレストランに行ってみたい」などと考えていても、彼がそんな映画は観たくないとか、食べ物の好みが違うなどと楽しみ方や好みが違う場合、彼女の夢は実現しないかもしれません。

すべてにおいて趣味が同じ、というカップルは少ないと思います。でもことごとく趣味が違っても付き合っていけるのか不安になると思います。

大丈夫です。趣味や好みが違っても、それはそれで楽しいこともあり、お付き合いもできるのです。ここでは趣味の合わない彼氏と上手に付き合う3つの方法を紹介します。

1.自分だけが我慢していると感じたら要注意です

どんなに頑張って彼氏の好みや趣味に付き合おうと思ってもダメなこともあります。そんなときは頑張り過ぎず、無理に付き合うのはやめましょう。

「自分ばかり我慢している」「彼氏は私のことを理解してくれない」などと思ってしまうと、長くは付き合っていけない可能性もあります。

もし、付き合うのが苦痛になったら、彼氏に相談してみましょう。愛情があるうちはお互いが歩み寄れると思います。でも、我慢しすぎてつらくなってしまうと、心にも余裕がなくなり、彼氏に歩み寄る気持ちもなくなってしまいます。

その前に彼と話し合いをしていれば、何か方法が見つかるかもしれません。お互いに愛情があれば、前向きに対処していけるはずです。

2.お互いの趣味の時間を尊重しつつ一緒の時間も大切にしましょう

お互いの趣味にどうしても一緒に賛同できない場合には、それぞれにおいて、趣味の時間を作るのもいいと思います。その方がお互いにストレスがないものです。

彼氏が趣味に使っている時間は自分も負けないくらい楽しく過ごして、彼氏に羨ましがられるくらい充実させてください。あなたが楽しむ姿を見て、彼氏があなたの趣味に興味を示すかもしれません。しかし、趣味の時間を十分に過ごしたら、二人の時間を作ることも忘れずにしましょう。

昼間はお互いが違う時間を過ごしても、夜は一緒に食事をするなど時間を作りましょう。

また、土日が休みであれば、『土曜日は彼氏の趣味の日』『日曜日は私の趣味の日』として楽しむなど、お互いの趣味を交互に楽しんだり、一緒にいる時間を大切にしたりすることで互いの心が離れてしまうことはないでしょう。

3.相手を理解しようと思う気持ちを大切にしましょう

趣味を持っていることは素晴らしいことです。また自分の好みがあるということも個性につながります。恋人同士でも趣味や好みが違う場合は少なくないと思います。でもそれをメリットとしてお互いが楽しめるカップルになれるのが理想です。

自分ばかりが我慢して…と思うより、自分の世界を広げてくれることに感謝をしてみると、彼氏の趣味に対する考え方も変わってきます。

大事なのは趣味の内容ではなく、『お互いがどこまで理解しようとするか』『理解したいと思うか』ではないかと思います。それができる恋人同士はより深い絆で結ばれていくに違いありません。