同じ性別同士であれば特に気にならないのですが、男性と会う予定ができたとき、つい意識してしまうこともあるでしょう。

そんな時、彼氏ではない男性と会う約束をしたとき、「なんで私に会う約束をしてくるのかな?」という風に気になってしまうものです。ここでは、そんな男性の心理を7つご紹介します!

 

1.友人として信頼を寄せられている

男女の友情なんて成立しない、という考える人も多いですが、世の中に男女の友情が全く存在しない、というわけではありません。

彼女というわけでもないのに会う約束をしてきたり、頻繁に連絡をしてくる男性は、友人として絶大な信頼を寄せている可能性があるでしょう。

ただし、女性よりも男性の方が異性を意識する傾向にありますので、最初は友人だと思われていても、いつの間にか恋愛感情に発展している場合もあります。

2.異性として意識

恋人でなくとも、男女で会う約束をするときは、男性が女性を誘う流れが一般的です。そのため、男性側が全く興味がない女性を誘ったりすることはあまりありません。

むしろ、相手を強く意識しているからこそ、2人だけで会いたいと約束をする男性は大勢います。実際に約束した日に会ってみると、その日のうちに告白された、なんていう展開も珍しくはありません。

3.可愛いと思われている

男性は、自分が可愛いと思える女性と一緒に過ごしたいと思うものです。少しでも関われる時間が欲しいとの気持ちが高まり、彼女でもない女性に対して、勇気を振り絞って会う約束をしてくる男性もいるでしょう。

奥手の男性が、勇気を振り絞って会う約束をしてくることもありますので、苦手なタイプの男性でなければ、一度は会う約束に応じてもいいでしょう。

4.早く彼女がほしい

現実の恋愛は、出会ってすぐに恋人になる、というケースも珍しい話ではありません。気になったらすぐに行動に移す男性が多いので、そういう男性は、彼女になってくれそうな女性が見つかり次第、すぐに会う約束をしてきます。

このタイプに該当する男性は、熱しやすく冷めやすい男性が多い傾向にあります。とにかく、早く彼女を作ることが目的ですので、他に彼女候補の女性が見つかり次第、連絡も来なくなるでしょう。

5.とにかく女好き

世間の男性の多くは、女性にモテたい願望を心に秘めているものです。彼女でもない女性と会う約束をするのも、常に女性と関わりたいと思う気持ちや、あわよくば彼女になってもらえるかも、と考えている男性もいます。

女性と2人で過ごす時間は、男性にとって、自身の魅力をアピールするチャンスでもあります。約束した日にやたらと自己アピールしてくることがあるので、苦手だな、と思ったら、その場は適当に相手をして、次の日以降は誘いを断るようにしてください。