大好きな彼氏の家族とは仲良くやりたいものですよね。特に結婚を意識しているカップルには登竜門と言えるでしょう。なかでも義母の存在はいろんな意味で大きいと思います。

相性は勿論ありますが、出来れば波風立てずに穏便にいきたいというのが本音です。今回は「大好きな彼氏の母親と仲良くなりたいその時の対策」にスポットを当ててみたいと思います。

 

1.手土産はなにがいい?

彼のおうちにお邪魔する際、悩むのが手土産ですよね。和菓子が良いのか、洋菓子が良いのか、はたまたアルコールがいいのか。

各家庭によっても喜ばれる物は違うと思います。あなたの家庭でもらってうれしい物でも、彼の家庭ではあまり好まれない代物では意味がありません。

また、自分では買わない(買えない)物だけどうれしい物がちょうど良いと思います。まずは、彼にご家族の嗜好をリサーチしてみましょう。

甘い物が好きなら、洋菓子の方が好まれるのか、はたまた和菓子の方がいいのか、洋菓子でもゼリーのようなさっぱりした物の方が良いのか、こてこてに甘いロールケーキがいいのか、などです。

また、あなたの今住んでいる場所から彼のご実家まで距離が離れているのならあなたの家の近くの評判の良いお店で購入しても良いかもしれませんね。なかなか食べられない特産品や有名店のお菓子は喜ばれるかと思います。

ホールケーキのようにみんなで切り分けられる物ならば良いと思いますが、プリンやまんじゅうなどを手土産にする際は家族の人数まで彼に確認しておくべきです。数が足りないことは御法度です。

それから、あまり高価すぎる手土産はご家族が気を遣ってしまうので、2000円前後の物で良いと思います。金額では無く、あなたの気持ちの問題です。彼の家族に喜んでもらうために一生懸命選ぶまでの過程はきっと彼が見ててくれるはずです。

2.一般常識、教養、素行の良さ

例えば、挨拶もなしにずかずか家の中に入ってこられたら印象は最悪と言えるでしょう。また、食事をともにする機会があれば、箸の持ち方が明らかに違っていたり、食器の扱いが雑だとしたら彼のお母さんはきっと幻滅してしまうでしょう。

あなたにとってはたいしたことでなくても、見られている意識を持つことが大事です。やはり「出来ない女」より「出来る女」の方が歓迎されることは明確です。

つまり、日頃の積み重ねがぼろとして出てしまうことがあります。相手はあなたよりも数十年長く生きている人生の先輩です。細かいところまで意識し、日常生活を送ってみることが必要かも知れませんね。

また、新聞やニュースを見ましょう。今の日本でどんなことが起こっているのか時事ネタが強ければ太刀打ちできると思います。

初対面の彼のご家族と会話をするときは意外とそういうネタが出てきやすいと言えるでしょう。会話についていけることも大きなコミュニケーション能力の一つだと思います。

3.愛嬌、コミュニケーション能力

「女は愛嬌」とはよくいったもので、本当にその通りだと思います。なぜならぶすっとしている女性よりもにこにこ笑っている女性の方が魅力的に感じる人は一般的に多いといえるからです。