たとえ両思いで付き合っていても、恋に不安はつきものですよね。ふとした彼の言動で、私のことを本当に好きなの?と疑ってしまうことも。

そして、何をしても彼がやきもちを妬かない場合、もしかしたら愛がないから嫉妬しないの?と不安に思いますよね。一般的に、男性は女性に比べて、表面的にやきもちを妬くことは少ないのです。

しかし彼に愛されていることを実感するためにも、時にはやきもちを妬いてもらいたいもの。今回は、彼が本当に自分のことを好きかどうか不安になっているあなたのために、やきもちを妬かせる効果的な方法を紹介しています。是非試してみて下さいね。

 

1.頻繁に連絡を取らない

いつも連絡がとれる状態だと、あなたの行動パターンが彼にも分かるので、彼は安心してやきもちを妬きにくくなります。逆に、連絡が取れず彼はあなたの状況が分からなければ、彼はモヤモヤした気持ちに・・・。

どこで何をしているのか分からなければ、誰だって不安にはなりますよね。特に頻繁に連絡を取っていた場合は、突然連絡が減ったら、かなり心配しやきもちを顕わにするでしょう。

連絡を取らない時間帯は夜がおすすめ。平日の日中は仕事があるので、連絡を取れなくても特段気にならないのですが、時間に余裕がある仕事終わりの夜に連絡が取れないとなると彼も色々と考えますよね。

誰かと食事に行っているのかな、誰と会っているのかな・・・・と夜なら余計に気になるところ。そう思う時点でやきもちです。

四六時中彼と連絡を取ったり、すぐに返信してしまいたい気持ちは分かりますが、ちょっと我慢をすることも大切。彼に見えない部分を作って不安にさせましょう。

2.彼の知らない男性の話しをする

彼にとって、自分の知らない男性の話をされるのは、一番モヤモヤとしてしまうこと。

会ったこともなくどこの誰かも分からない人なので、自分の中でイメージすることができないからです。わざとらしくならないように、職場の同僚や先輩、取引先の方とのエピソードを話すのをおすすめします。

先輩が優しく教えてくれた、同僚とお昼休みにランチに行ったなど。「どんな関係なの?」と気になって彼にやきもちを妬かせることができます。

どんなにあなたが「特別な関係でない」と言っても、実際の関係は彼には分かりません。またあなたが「いい人だから」とフォローすればするほど、彼氏のやきもちもピークに達するはず。さりげなく彼の知らない男性を話題に出してみてはいかがでしょうか?

3.会う時間を減らす

彼氏にデートに誘われて嬉しくなって毎回すぐにOKしていると、マンネリの恋になってしまう可能性も。マンネリを回避して、やきもちを妬かせるためも「ごめんね、その日は予定があるの」と時にはデートを断ることが効果的。

それを聞いた彼氏は、自分のことよりも優先する予定があるのだと、きっと胸中穏やかではいられないでしょう。また彼と会っている時間を短くするのも効果的。