悩み事があるけれど彼氏に相談できない…それはとても辛くもどかしいこと。彼氏に相談したいのに、何故か彼氏の前では弱音を吐けないことってありますよね。

相談することで、負担になって嫌われちゃうかも、、頼りないって思われたらどうしようなど、弱音を吐くことにマイナスのイメージがある方もいるでしょう。

特に自立していたり、気の強い女性ほど「相談の仕方が分からない」「素直に甘えるのが苦手」という人は多いもの。そういう人は、自分のことは自分でやるという責任感を持っていてとても素敵な人だと思います。

だけど、それは恋愛においては、ちょっと損しているかも・・・恋愛では、「頼る」とか「相談する」といううのは大事なコミュニケーションのひとつ。悩みを言えるようになるためにはどうしたらいいのか?彼氏に弱音を吐けない女性に9つの対策を伝授します。

 

1.伝える前に紙に書く

弱音の吐き方が分からない、またどんな風に話してよいか分からないという場合には、伝える内容を紙に書くことをおすすめします。

話したい内容が整理できるし、どのような背景でこの悩みが生じたかも分析もできので、彼に話しやすくなるでしょう。内容がまとまらないまま話すと、彼も混乱します。

男性は過程より結果を重視する傾向があるので、先に結論から話すことが大切。その後で自分の考えや気持を伝えましょう。

2.無理に弱音を吐かなくてもよい

悩み事がある場合、絶対に彼氏に相談しないといけないという決まりはありません。なので、弱音を彼氏に吐けないことに苦しまないで下さい。

悩み事を相談して、心配かけたり、余計に大きな問題になるのが嫌という場合もあると思います。そんな場合は無理に言わなくてもOK。

他の人が彼氏に相談しているから、といって周囲のカップルに合わせる必要もないのです。あなたはあなたらしく、あなたが彼氏に頼りたいと思った時に相談しましょう。

3.弱音を吐くことは、1つの愛情表現

落ち込んでいる時や辛い時に、彼氏に弱音を吐けないのは、彼氏に心配をかけたり、負担になったりしたくないと思ってしまうから。例えば仕事のことで悩んでいる場合は、仕事のことは自分で解決しないといけないと考えていませんか?

でも、弱音を吐くことは、心を許している証拠なので、多くの男性は頼られて嬉しく思うでしょう。負担ではなく、愛情表現だと考え方を変えてみると、少し楽になります。

これまであまり相談しなかったあなたが彼氏に相談すると、彼氏も信頼されていることを嬉しく思い、親身になってこたえてくれるでしょう。

日頃しっかりしている彼女が弱いところを見せてくれると、彼氏も「守ってあげたい」という気持ちに。相談する時に「誰にも言えないことなんだけど・・・」「あなただから話すね・・・」などと前置きすることがポイント。彼氏だけに頼っているという特別感がでますよね。