仕事を毎日遅くまで頑張る彼氏。そんな姿も頼もしくかっこいいですが、でもあまりに忙しすぎると寂しくなってしまいますよね。そんな時には一体どうするのが一番なのでしょうか?

落ち着くまで放っておく?それともきちんと寂しい気持ちを伝えた方がいい?ここでは、忙しい彼氏を持つ彼女が取るべき対処方法をお伝えします。ぜひ、参考にして二人のこれからの関係に役立ててくださいね。

 

1.黙っているのはNG!気持ちは伝えておく

男性は、女性が思っている以上に想像力がありません。こっちが気を遣って何も言わないと、「何も言わないってことは気にしてないのか」と解釈してしまいます。

ですので、困らせる気はなくとも「現状に不満がある」「忙しすぎて会えないのは辛い」ということは伝えておきましょう。

伝えていないと、時間があってもあなたに会うことより一人で寝ることを優先させたり、身勝手な行動を悪意なくとってしまいます。男性には、言葉で伝えるということがとても大切なのです。

2.手料理やマッサージで忙しさをねぎらう

忙しい彼氏とはどこかへ一緒にでかけることも難しいですよね。せめて「応援している」「でも私のことを忘れないで」というアピールのためにも何か家でできることで彼氏をねぎらいましょう。

彼氏の家で手料理を作って待ってあげたり、お風呂上がりにマッサージをしてあげたり。そうすることで忙しい彼氏でもあなたの存在のありがたみがわかるようになります。

3.仕事と自分を比較しないこと

あまりにも彼氏が仕事一筋だと、自分のことは仕事よりも大切じゃないの…?と不安になってきます。しかし、彼はあなたといる時間が楽しすぎて、仕事に集中できなくなることが怖いのです。

あなたと仕事を比べて、仕事の方が大切だから優先しているわけではないと理解しましょう。そうすることで自分の気持ちが楽になり、仕事を頑張る彼氏のこともわかってあげられるようになります。

4.会えないと言われても落ち込まない

彼氏が会えない、と言ってきても「会いたくない」という意味ではありません。がっかりしてしまう気持ちもありますが、落ち込まないようにしましょう。

「なんで?もう私のこと好きじゃなくなったから?」などと彼氏を責めてしまうと、余計にうんざりされてしまいます。時にはそのせいで恋心がなくなってしまう時も。

ですので、会えないと言われても「タイミングが悪かった」と割り切るようにしましょう。

5.自分も忙しくする

彼氏だけが忙しいからモヤモヤするのです。ですので、自分も忙しくしてしまえばかなり気持ちが楽になります!習い事や副業をするもよし、友達と遊ぶもよし。