「結婚と恋愛は違う」という言葉を、よく耳にすることがあるのではないでしょうか。「恋愛」はわりと自由奔放にできると言えますが、「結婚」となると誰もが少し身構えてしまうでしょうか。

今付き合っている彼氏と、もし結婚したらどう変わってしまうのか、そんな心配を抱える女性のために、ここでは結婚と恋愛の違いについて詳しくご紹介していきます。

1.「赤の他人」から「家族」になる

恋愛中はお互いが「赤の他人」ですが、結婚すると血の繋がりはないにしろ、「家族」となるのが大きな違いでしょう。

「家族になる」ということは、一緒に暮らして「生計を一にする」ということですので、さまざまな苦労や困難もこれから共に乗り越えていかなければならない覚悟が必要です。

ただ「好き」な気持ちだけでは生涯を共にすることは難しいでしょう。お互いを支え合いながら強い信頼関係を結ぶことが大切となります。

また、恋愛中には見せなかった彼氏の新たな一面が、結婚することによって見えてくる場合もありますので、「こんな人だとは思わなかった」と後悔しないためにも、恋愛中にしっかりと彼氏の内面を見抜いておく努力をする必要があるでしょう。

2.法的な関係を結んでいるか否か

「結婚」は、「婚姻関係を結ぶ」という、法的なものが絡んでくるのも恋愛との大きな違いだと言えます。法的な婚姻関係を結ばない「内縁関係」である場合は除きます。

恋愛中であれば、別れるのは簡単です。お互いの意志があればそれで良いのです。しかし、「結婚を解消」するとなると、「離婚」という、また法的な手続きが絡んできますので恋愛中に比べてそう簡単なことではありません。

そのような理由から、「結婚」は恋愛ほど気軽にできるものではない、ということがわかります。結婚に踏み出すには、それなりの決意と覚悟が必要です。

3.経済力・生活力があるか否か

恋愛においては、経済力や生活力はさほど重視しなくとも上手くやっていくことはできます。しかし、これが結婚となるとかなり重要となってくるポイントです。

「家族になって生計を一にする」ことが恋愛と結婚の大きな違いですので、経済力や生活力はとても大事です。夫婦で金銭感覚に大きなズレがあるのも問題になるでしょう。

例え不自由なく生活ができるほどの経済力はあったとしても、どちらかが「生活力」に欠けている場合も夫婦のトラブルの原因に成り得ます。

ろくに家事ができない・家事を全く手伝わない、など些細なことから喧嘩に発展して夫婦の絆に亀裂を作る可能性もあるでしょう。

結婚は「お互いを尊重する」ことが最も大事

お互いの存在が「恋人」から「家族」へと変わる結婚は、より深い信頼関係で結ばれ、子供を出産して家族が増えるなど、幸せなことも多いですが、人生における局面を共に乗り越えていく苦労や困難もあり、決して良いことばかりではありません。