皆さんはデートの際のお会計で悩むことはありませんか?割り勘なのか奢りなのか、デートでお会計の瞬間はどんなに仲が良くても緊張のムードが漂います。

付き合ってるんだから当然男性の奢りでしょ、と考える女性もいれば、付き合っているからこそお互い助け合って割り勘でいいという人もいます。

しかしいつまでたっても割り勘だと、彼女に対して特別に接してあげている気持ちになれず、まるで友達や親しくない知り合いと飲んでいるような感覚になり悲しくなることもありますよね。

そこで今回は、絶対に割り勘にする彼氏に対して思う、彼女の心理に付いてご説明します。

1.なぜ奢ってくれないのだろう

まず最初に思う気持ちはこの疑問です。彼氏ならば彼女に格好よく奢ってあげたり、多めに払ってあげるのが一般的です。

もちろん価値観は人それぞれなので絶対的な正解はありませんが、細かい端数や計算し辛いときは快く多めに払ってくれた方が、カップルの彼氏としても体裁が保てます。

それにもかかわらず細かく割り勘を求められると、その手間も面倒だし恥ずかしく感じてしまいます。

店員さんに細かい性格の彼氏と付き合っている、ケチな男に惚れているんだと勝手に悪い方向に考えてしまいます。

いつも一緒にいるような、彼氏彼女の関係でさえも奢ることが出来ないのは、一体何が原因なのか気になってしまいます。

2.お金がないのかな…

彼氏がかたくなに割り勘を希望してくるのであれば、きっとお金に困っているのだろうと思ってしまうのも無理もないです。

お金に余裕が無くて、本当は彼女に奢ってあげたいけどできない、かといって会わずにいることも出来ないので割り勘にしている、といったように解釈する人も多いです。

最初の方はまだいいですが、この状態がずっと続くと彼女も愛想を尽かして別の男性のところに行ってしまう可能性があります。

こうならないためにも定期的に奢ってあげたりプレゼントをしてあげて、割り勘の時は経済事情をきちんと話して分かってもらいましょう。

お金の問題は将来を考えても大事な要素です。交際時からきちんとしておきましょう。

3.どケチな人

自分のためにお金を使うのは良いけれど、彼女や友人などにはなるべくお金をかけたくないというケチな考えを持っている人だと思われてしまいます。