女性が結婚相手として選びたい男性はやはり頼りになる男性でしょう。年上、年下は関係なく結婚するなら

『この人なら何かあっても助けてくれるだろう。』という気持ちは最も重要です。年下彼氏に感じてしまう5つの頼りないところをご紹介します。

 

1.非現実的すぎる

女性は男性より現実的な方が多いです。男性は大きな夢を見る生き物。そこに少し温度差が生じると思います。大きな夢らしきものを追い求めて仕事に精を出している男性もいます。そんな姿は女性からしたら向上心があって輝いて見えるかもしれません。

そして瞳をキラキラさせながら語っている姿を見ると、とても素敵に見えるでしょう。特に年下男性のそんな姿は頼もしくも可愛くも見えますね。そこに魅力を感じてお付き合いが始まった年下彼氏。

付き合いが長くなってくると、それが夢ばかりを語っているように見えてくることもあるでしょう。そろそろ結婚を…なんて考えている場合だったらなおさら心配になってしまいますよね。結婚するとなると、非現実的すぎて頼りなく感じてしまうかもしれません。

2.金銭的余裕

結婚を考えるとやはり金銭面は気になります。年下彼氏と言っても2,3歳くらいの年の差なら、それほど問題はないと思いますが、それ以上の年の差がある場合、収入が女性より少ない可能性があります。

『そんなの気にならない、私が稼ぐからいいの。』と思える方もいると思いますが、多くの女性は収入がたくさんある男性を求めるはずです。もちろん年下彼氏でも女性より収入が多い方もいますよね。

金銭面で苦労することが予想できるような結婚は誰も望んではいないでしょう。お金=頼りになるという訳ではありませんが、金銭的余裕があるに越したことはありません。

3.計画性がない

年下彼氏の魅力は、子供っぽさを可愛いと感じたり、逆に年下なのにしっかりしている面があったり…年上の男性と同じことをしても、何だか新鮮に写るんですよね。

それから、たくさんの趣味があったり、色々なことに興味を持って挑戦したりしているのは、とても刺激的だけれど、結婚となると何とも計画性がなくて頼りないばかりです。

多趣味は悪いことではありませんが、少なからずお金がかかることです。年下彼氏だからとは限りませんが、まだ落ち着いていない少年のようでは頼りになりません。

4.決断力が欠けている

そもそも年上女性を好む男性は甘えることが好きな方が多いように思います。甘えさせてもらいたい願望が強いのです。甘え上手な年下彼氏は、決断力が欠けている気がします。人任せな感じがするのです。

全ての年下彼氏がそうとは言いませんが、男性も女性も甘えることが上手な人って、決断を相手に任せてしまう傾向があるように思います。

大した問題でなければ良いのですが、重大なことの決断は彼氏にしてほしいのに、そんな時には年下彼氏を頼りなく感じてしまいます。