男性は近くに女性がいると、自然と力が漲ってきたり、ファッションに気を遣うことが増えてきたりするものです。

男性の中でも、「女性に嫌われたくない」、「自慢される男になりたい」と思うようになる方が多いのではないでしょうか。

日ごろからそう思っている男性に必見です。ここでは、女性を飽きさせない男がすべき5つの会話や行動をご紹介いたします。

 

1.いろんなジャンルの会話をする

女性は、同じような内容の会話に嫌気がさすものです。例えば、会うたびに「今日もいつものお店行こう」と会話するとします。

これが、1回や2回ならまだしも、5回も6回も毎回同じ内容で会話し、同じお店に行くとなると流石に嫌気が差しますよね。

女性からしたら「他にいくところはないの?」、「他に話題はないの?」という気持ちになることでしょう。

そこで、男性はいろんなジャンルの会話をすることをおすすめします。いろんなジャンルと言っても得意、不得意があるのは当然です。

しかし、女性を飽きさせないためには話題を変えてあげる必要があります。それに、会話の途中でジェスチャーなどの身振り手振りも交えると、より一層話が弾んで女性を楽しませることができるでしょう。人は動きのあるものに目がいく習性を持っています。

この習性を利用して、女性に会話の魅力を伝えるのです。さらに、いろんなジャンルの会話をすることで、女性に「多趣味なんだな?」とプラスの印象を与えることもできます。

しかし、注意が必要です。話題がしくこく、うんちくのようになってしまうと敬遠されがちです。程よく距離を置いて会話をすることが大切です。

2.ファッションに変化をつける

女性は、男性の変化にとても敏感です。例えば、前回会った時と髪形が違ったり、ファッションセンスが違ったりするとよい印象を与えることができます。

髪形でいえば、前髪の分け目を少し変えてみたり、トップのボリュームをワックスなどで調整したりするとよいでしょう。

また、ファッションでいえば、ジーンズ、チノパンなどのパンツで印象を変えたり、パーカーやジャケットなどを組み合わせて雰囲気を変えることでもよい印象を与えることができます。また、香水で雰囲気をかえるのもよいでしょう。女性は見た目だけでなく香水でも気を引くことができます。

このように、イメージチェンジすることで女性を飽きさせることなく一緒にいることができことでしょう。しかし、注意が必要です。

極端に印象を変化させると、女性に「チャラい」と思われてしまいます。ほどほどの変化にとどめておくことが大切です。