どんなに仲が良くても、異性として意識させることができないと、その先へ発展するのはなかなか難しいですよね。

仲の良い女友達という立ち位置もそれはそれで良いものですが、やはり少しでも「恋心」があれば、なんとか友達以上になりたいと望んでしまうでしょう。

というわけで今回は、思わず男性がドキッとする言動を5つご紹介。ふとした瞬間にドキッとさせられれば、そこから一気に異性として意識してもらえるかもしれません!

また、「最近付き合いたての頃の雰囲気が薄れてきたなあ…」というマンネリ化したカップルにもオススメ。ドキッとする言動で、彼も惚れ直すこと間違いなし!?

 

1.軽いボディタッチ

ベタベタとあからさまなボディタッチをすると「なんだか軽そう…」という印象を与えてしまうかもしれません。が、軽いボディタッチであればむしろ逆。不意打ちでタッチされると男性は案外ドキッときちゃうものなんです。

ふざけた会話をしながら軽くパンチしてみたり、さりげなく肩や手に触れてみたり…ちょっとしたボディタッチを仕掛けるチャンスは結構あるので、ぜひサラッと軽く触れてみてはいかがでしょうか?

2.髪をかき上げる

やはり女性の長い髪をかき上げる仕草は、男性からするとグッとくるみたいです。確かに女性ならではの仕草という感じがしますし、一瞬にして色っぽい雰囲気を醸し出すことができますよね。

サラサラッとかき上げた瞬間にフワフワッとしたシャンプーの良い香りが漂えば、さらに完璧!?「髪は女の命」と言いますが、命であると同時に武器でもありそうですね。もしロングヘアであれば、その髪を活かさない手はないですよ!

3.突然飛び出すタメ口

仲の良い会社の同僚や先輩など、敬語を使って話す相手に想いを寄せている場合、突然のタメ口はなかなか有効です。敬語で話すのが常なのに、突如「そうなんだ」「スゴイ」といったタメ口が飛び出すと、男性はその瞬間ドキリとします。

普段とは違ったフランクな面を見せられることで、「仕事仲間や後輩」ではなく「ひとりの女性」として意識してしまうわけですね。

もちろん、いくら仲が良いとはいえ、「まだタメ口を使って話せるほどじゃないな…」という雰囲気であれば、ひとまず使うのはやめておきましょう。

単なる失礼な人になってしまいますからね。時たまタメ口を使ってもOKなくらい親しければ、ぜひ不意打ちのタメ口を試してみてください。

4.じっと見つめる

目と目が合うと、思わずドキッとしちゃいませんか?特に男性の場合、それにプラスして「じっと見つめられる」という要素が加わると、さらにドキドキしちゃうみたいです。

ただ、あんまりにもジーッと凝視し続けると、相手に「見つめすぎでちょっと怖い」と思われてしまうことがあるので要注意。