束縛がウザい彼女が急に束縛しなくなって逆に不安になる、なんて経験した人も多いのではないでしょうか?束縛は相手のことを大事にするが故に起きる状況なのですが、ウザいと思っていた束縛もなくなるとなんだか寂しいものです。そこで今回は、束縛が急に無くなった時の彼女の心理に付いてご紹介します。

 

1.反省している

束縛が激しいという特徴は、女性自身が自覚しているケースが多いです。『本当は良くないけど。ついつい束縛しちゃう…』といったように、不本意ながらやってしまうケースだと、女性は辞める決心をします。

それが彼氏のためであり、今後も本気で交際を続けたいという気持ちの表れです。このケースであればあなたの気持ちが彼女にもきちんと伝わっていたことがわかりますね。もっともっと彼女のことを大事にしていってあげましょう。

2.束縛に疲れた

おそらく一番多いのはこのケースです。このケースの中でもさらに細かく分類されるのですが、ざっくり紹介すると「気持ちの変化」「切り替え」「別方面への興味」の3パターンが考えられます。

まず気持ちの変化ですが、これはシンプルに束縛することに意味を見出せなくなったことがあげられます。

『果たしてこのまま束縛して付き合い続けて意味があるのだろうか…』など、もっと先を見据えた時に意味を見出せないと、女性は思いの外すんなりと束縛を辞めて次の行動に出ます。

次は「切り替え」です。これは『どうせ束縛したところで無駄』と半ば諦め気味に思うと、束縛を辞めることが多いです。切り替えは意図的に行う場合と自然に起きる場合があり、後者であれば気付きにくいので交際関係にはならないと見てる。

最後は「別方面への興味」になります。これはあまり多くないですが、趣味や別の異性に興味を持った結果、相対的に彼氏への思いが減少して束縛がなくなるというケースです。

別の異性への興味と言っても別に浮気するレベルではないので、依然として交際関係は変わりませんが、多少ヒビが入る可能性はありますのでご注意ください。

3.他の異性を好きになった

先程述べた3つ目の「別方面への興味」がもっと進むとこのようなパターンに陥ります。他の異性が好きになったものの彼氏と別れられない、いつ別れを切り出そうか悩んでいるレベルだと、もはや束縛をしている場合ではありません。

別の異性のことを考えている時間が多いと、彼氏のことに頭が回らず会った時もどこか上の空です。このような状況では交際を続けることは困難になるので、早目に話し合いをした方が良いでしょう。

4.一旦距離を置きたい

別れたいと思っている場合、或いは単に今後の交際を考えて慎重になりたいと考えているときに、一旦距離を置きたいと考える女性も多いです。そういった場合束縛をすることはなくなりますし、そもそも連絡頻度もぐっと下がります。

当然こういった状況はきちんと話し合いの末行われるべきですが、雑に対応されてしまうと彼氏が混乱してしまいます。ほかのケースでも言えますが、必ず話し合いをしておいて、理解を得てから距離を置きましょう。

5.体調が優れない

女性はちょっとした体調の乱れで精神的に不安定になります。束縛も心に大きな負担を伴う行為であり、いつまでも同じように束縛し続けるのは意外としんどく感じてしまいます。