結婚後に、あれ?わたしが想像していた生活と全然違う・・と感じた方いますよね。結婚前に、思い描いていた理想が高ければ高いほど、現実にガッカリするということもあるかも知れませんね。

結婚したら、こんな生活が待ってるんだと思った奥さんたちは、どんなことに理想と現実の違いを感じるのでしょうか。7つの違いを紹介していきたいと思います。

1.忙しく2人の時間がない!

思い描いていたのは、お互い仕事してても帰宅したら一緒にご飯を食べて、ソファでテレビを見ながら笑いあったりして、仲良くベットに入る生活。

それなのに、現実はどちらかが残業があったりなかったりで、帰宅のタイミングも合わないし一緒に晩ごはんどころかバタバタで一緒にソファに座る時間もない生活。

土日休みではない仕事の場合は、お休みのタイミングも合わずにすれ違い生活が続くというパターンも。結婚したら、ずっと一緒にいられる!と思ったのに・・と悲しくなりますね。

2.愛情表現がない!

付き合っていたときは「好き」とか「愛してる」って言葉も聞いた気がするのに、旦那は結婚したら釣った魚にエサはやらないというスタンス。ラブラブな結婚生活を送るはずだったのに、どうして・・。

日本人男性はもともとシャイなので、特に言葉で愛情を伝えるのは苦手。結婚したら「そんなこと、言わなくてもわかるだろ?」というスタイルです。付き合っていた頃の情熱的なあなたはどこへ・・。

でも、男性たちの意見は「一緒にいて、ちょっとした小さなことで愛情を伝えている」と考えている人も多いそう。

分かりやすい愛情表現はなくても「これって愛情表現だったの?」という旦那さんの行動がもしかしたら見つかるかも知れません。

3.家事をしてくれない!

結婚したら、家事は一緒に協力してしようねって約束したよね!?と裏切られてしまう奥さんたちがたくさんいるという現実。

バブルの時代の奥様たちは、旦那さんのお給料だけで自由気ままに遊びながら家事もこなしましたが、今の時代は共働きが当たり前で当然、家事も分担すべき。それを分かってなかったり、分かってても逃げる旦那の多いこと。

実家暮らしだった人だったら特に、結婚後に「家事」というものがこんなに仕事量の多いものだとは思いませんでしたよね。

旦那さんも実家暮らしが長かった場合は、全てお母さん任せでどれくらい大変なのかを実感してないのかも。私はあなたの妻であって、家政婦ではありません!!と言いたくなります。

4.姑や親戚付き合いが嫌!

結婚は2人だけでするものじゃない、家族と家族がするものだなんて話も重々承知して結婚したはずなのに・・。こんなに姑や親戚付き合いがめんどくさいとは思わなかった!!と感じている人も多いのではないでしょうか。