結婚後に、あれ?わたしが想像していた生活と全然違う・・と感じた方いますよね。結婚前に、思い描いていた理想が高ければ高いほど、現実にガッカリするということもあるかも知れませんね。

結婚したら、こんな生活が待ってるんだと思った奥さんたちは、どんなことに理想と現実の違いを感じるのでしょうか。7つの違いを紹介していきたいと思います。

1.忙しく2人の時間がない!

思い描いていたのは、お互い仕事してても帰宅したら一緒にご飯を食べて、ソファでテレビを見ながら笑いあったりして、仲良くベットに入る生活。

それなのに、現実はどちらかが残業があったりなかったりで、帰宅のタイミングも合わないし一緒に晩ごはんどころかバタバタで一緒にソファに座る時間もない生活。

土日休みではない仕事の場合は、お休みのタイミングも合わずにすれ違い生活が続くというパターンも。結婚したら、ずっと一緒にいられる!と思ったのに・・と悲しくなりますね。

2.愛情表現がない!

付き合っていたときは「好き」とか「愛してる」って言葉も聞いた気がするのに、旦那は結婚したら釣った魚にエサはやらないというスタンス。ラブラブな結婚生活を送るはずだったのに、どうして・・。

日本人男性はもともとシャイなので、特に言葉で愛情を伝えるのは苦手。結婚したら「そんなこと、言わなくてもわかるだろ?」というスタイルです。付き合っていた頃の情熱的なあなたはどこへ・・。

でも、男性たちの意見は「一緒にいて、ちょっとした小さなことで愛情を伝えている」と考えている人も多いそう。

分かりやすい愛情表現はなくても「これって愛情表現だったの?」という旦那さんの行動がもしかしたら見つかるかも知れません。

3.家事をしてくれない!

結婚したら、家事は一緒に協力してしようねって約束したよね!?と裏切られてしまう奥さんたちがたくさんいるという現実。

バブルの時代の奥様たちは、旦那さんのお給料だけで自由気ままに遊びながら家事もこなしましたが、今の時代は共働きが当たり前で当然、家事も分担すべき。それを分かってなかったり、分かってても逃げる旦那の多いこと。

実家暮らしだった人だったら特に、結婚後に「家事」というものがこんなに仕事量の多いものだとは思いませんでしたよね。

旦那さんも実家暮らしが長かった場合は、全てお母さん任せでどれくらい大変なのかを実感してないのかも。私はあなたの妻であって、家政婦ではありません!!と言いたくなります。

4.姑や親戚付き合いが嫌!

結婚は2人だけでするものじゃない、家族と家族がするものだなんて話も重々承知して結婚したはずなのに・・。こんなに姑や親戚付き合いがめんどくさいとは思わなかった!!と感じている人も多いのではないでしょうか。

めんどくさいレベルなら、まだいいですが「もう許せない!!」ってくらい姑たちのことを嫌いになってしまう人も少なくありません。旦那さんだけならうまくいってるはずが、姑や親戚たちのせいで急に理想から遠ざかる結婚生活・・。

姑から週末ごとに電話があったり、孫を見たいと言って来たりでストレスを抱えて結婚生活に亀裂が入ると、旦那さんのことまで嫌になってしまったり。これも悲しい現実です。

5.短所ばかりが目に付く!

旦那さんのことが大好きで結婚したのに、結婚したら急に不満ばかり増える現実。なんで、あなたはこうなの?!と失望してしまうと、さらに別のことも目に付いてどんどん旦那さんのことが嫌になっていく負のスパイラルに陥ります。

嫌なところばかりが見えると、その部分が気になってしょうがなくてイライラも募りますよね。この人、こんなにダメな人だったかしら??と結婚前と比較してしまいます。

デートだけしてるときは見えなかった部分が見えてきてしまうのは仕方ないことですが、相手にずっと不満を抱きながら生活を続けていくのは悲しいことですね。

6.結婚したのに寂しい!

1人暮らしなどで感じる孤独はわかります。でも、結婚して一緒にいるのに寂しい!って・・。結婚生活で心が満たされて孤独を感じることなんてないと思っていたのに、なぜ寂しいと感じてしまうのでしょうか。

それは、やはり「心の距離」ということです。一緒にソファに座ってテレビを見ているけど、旦那さんの心は私には向いていないと感じたら「何のために結婚したんだろ・・」と思ってしまいますよね。

男は一緒にいるんだから、寂しくないだろ?と思っているかも知れませんが、女性はそれだけでは満たされません。

7.週末は家で寝てばかり!

平日は、仕事に家事に育児にバタバタしていて旦那さんとゆっくり過ごす時間もありません。

だからこそ、週末は家族でお出かけして充実した時間を過ごしたいのに・・。でも、旦那はテレビ見てゴロゴロしてるかベットで寝てばかり。

結婚前は、あんなに色々な所に行ってデートしたじゃない!どうして?!と思いますよね。デートでは頑張って出かけた旦那さんも、実は出不精だったなんてパターンも多いんです。

「俺は疲れてるんだ!」なんて言われても「私だって疲れてるのよ!」と言い返したくなりますよね。想像してた楽しい家族の週末の時間はどこへ・・です。

理想と現実、結婚生活 まとめ

一般的に、男性は現実的で、女性は理想を追い求める少女のような心をいつまでも持ち続けるものです。

それにしても、理想とあまりにも違いすぎる!となると、やっぱり今の現実にガッカリさせられますよね。

何でもっとこうしてくれないの?!と相手に求めがちですが、旦那さんに「完ぺきを求めすぎない」ということも必要です。

理想的な生活にガラッと変わるのは不可能なこと。理想の生活を手に入れるために努力しながら小さな「良い変化」を探していけば、理想に近い結婚生活を送ることができるでしょう。