男性と女性は、考え方が違うと言います。恋愛に関してもお互い心理は異なるものです。

例えばデートしているとき食事をしているとき、男性の思っていることと女性の思っていることが違います。それぞれどう感じているのかその心理違いを紹介します。

男性は一目惚れタイプ、女性はじっくりタイプ

人を好きになったとき、男性と女性の違いが分かります。男性の恋愛は早熟タイプです。

一目惚れから一気に燃え上がったり、逆に一度冷めると一気に興味がなくなってしまう、熱しやすく冷めやすい恋愛傾向にあります。

好きになったらすぐに付き合おうしたり、気持ちが冷めたらすぐに距離を置いたりします。男性は、単純明快いえるかもしれません。

逆に女性は、好きになるのに時間がかかる傾向にあります。その人をじっくりと知っていって気がついたら好きになっていたということも多いです。

そのため、初めからグイグイ来る男性が苦手という女性もいます。恋愛慎重なのが女性の心理でもあります。

男性は合理的、女性は感情的

単純だと言われる男性でも冷静な部分があります。男性は、思い出よりも残るもの優先します。

どこかに出かけて景色を見るより、これから役に立つものをプレゼントに用意したりすることも多くあります。

仕事とデートが重なれば、仕事を優先するところもそうです。後は以外と男性は記念日をあまり特別視していない人も多いです。

「記念日ってそんなに大事?」そう思っている男性は多いです。記念日はあくまで通過点と捉えている男性も多いです。逆に女性はロマンチストで夢を求めます。

女性は、思い出の場所を大切にします。ものという形ではなく好きな人と過ごした時間を大切に取っておくのです。

何かあったときに、その場所に行って考え事をしたり、思いに噴けたりすることもあります。それに、仕事か恋愛かと言われれば、恋愛を重視するのもそうですし、記念日を大切にするのも女性の心理です。

思い出を大切にしたい女性の心理からでもあります。男性と女性のこういった心理により、喧嘩になることもあります。よくあるのは、記念日のお祝いに関することが多いはずです。

男性が記念日を忘れていたり、特別なことを思ってなく、彼女はそれを怒るという話は多く聞きます。それも女性と男性の違いがありますから、しょうがないことであるかもしれませんが、お互いにそれぞれの心理を理解して寄りそうとする気持ちが大切です。

男性はストレート、女性はわかりにくい

感情の表現にも違いがあります。どちらかというと男性は好きな人へのアプローチはストレートに表すことが多いです。

上記でも言いましたが、単純明快である男性心理からストレートに感情を表現します。「好き」という態度が隠せていないのです。

逆に女性は、「好き」という想いを隠そうとする傾向にあります。周りに気付かれないようにさりげなくアピールしたり、影から好きな人を見ていたりすることが多いです。

ストレートに表現をする男性からすれば女性のさりげなく想いは、わかりにくいと言われるのは当然かもしれません。表現がさりげない女性は「奥ゆかしい」とも言えます。

まとめ 女性と男性、心理の違い

男性と女性は根本的に考え方も心理も異なってきます。これは、仕方のないことです。初デートの時、男性が考えているのは、どこまで近づけるか触れ合うことができるのかです。

手を繋ぐことができるのかなど距離を縮めることを考えています。一方女性は、相手のことをよく知ろうとします。

好きな食べ物や私服はどんなものなのか、相手のことをもっと知ったうえで近づくことができるか探っているのです。ストレートで単純と曖昧で慎重それが男性と女性の心理の違いです。

心理の違いは当然です。「わからない」という理由から喧嘩やすれ違いになることは仕方がないことかもしれません。

でも、心理が違っているからこそ支え合ったり、助け合ったりできることもあるはずです。心理の違いは、言い訳にはなりません。大切なのは、相手の心理を理解しようとすること、そのうえで歩み寄ることだといえます。