女子高生はおしゃれに勉強に恋にと、とても大変で楽しい時期ですね。お化粧も、早い子はし出す頃でしょう。

でも肌は、はじめてのお化粧にダメージを受けやすいものです。きちんとした化粧品を選んでこの先も大切なお肌を守っていきましょう。

まだ肌が育っていない時期を大切に

女子高生のお肌はまだまだ育ちきれていません。そんな時に、間違ったお手入れをしてしまうと、大人になってからもずっと肌トラブルを抱えることになります。

一番、化粧や身だしなみに興味を持ち出す時なので、いろんな情報を鵜呑みにしてしまいがちです。今は、スマホなどですぐに検索できる時代で便利な一方、間違った情報がすぐに伝わってしまいます。

例えば、毛穴ケアでどれが一番正しい方法か判断できますか。インターネットにはさまざまな毛穴ケアの情報が載っています。

毛穴ぬ悩み始めた女の子なら、どれもネットに載っているなら正しいと思い、試してみたくなるでしょう。でも、そのせいで大人になっても肌トラブルを抱えている女性がたくさんいると分かったらどうしますか。

毛穴ピーリングをするとか、酵素洗顔で顔を洗うとかありますよね。それ、毎日し続けたら、お肌ボロボロですよ。インターネットネットの情報が全てではありません。肌が育ってない女子高生ならダメージが大きくなります。

2.洗いすぎないで、洗顔はアミノ酸系を

女子高生で、努力しているのに、なかなか肌がきれいにならないと悩んでいる方は、間違った方向に進んでいる場合があります。

実は、丁寧にケアをしている人ほどお肌が汚くなる可能性があります。角質が取れないからと、スクラブで落としてませんか?酵素洗顔を毎回使ってませんか?保湿はしすぎるくらいしてませんか?

こんな過剰なお手入れは。肌をこする回数が増え、大切な角質や油分まで取り除いてしまいます。角質はどの毛穴にも本来あるものなので、無理やり取り除いてはいけません。

取り除こうと、何回も洗顔したり、こすったりするたびに、角質層がびっくりしてより硬い角質を作ろうとするので見た目も汚くなります。丁寧でやりすぎなケアは思っている以上にダメージを蓄積します。

女子高生は見た目を特に気にして、女の子同士の情報交換も敏感なのではないでしょうか。なんでもかんでも試してみるのではなく、本当に側にとって優しいのかどうかで考えてみてください。

洗顔は20秒

女子高生とはいえ、まだまだホルモンの状態が安定せずに、肌が脂っぽくなったり、ニキビに悩む方も多いと思います。ここで推奨するのが20秒洗顔です。