恋人がいなくても充分に楽しい生活を送ることはできますが、でもたまに幸せそうに恋愛する恋人たちを見るとうらやましい時がしばしばあります。

もちろん恋愛をしないのは決して変ではありません。確かに恋愛は各自が選ぶことができる個人の選択であり、独身生活が人生に与えてくれるそれなりの深い充満さもあります。

しかし、人である以上私たちは思いもしなかった寂しさが襲ってくる瞬間に直面することになります。

その寂しさは自分が否定するからって消えるものでもないです。こういうときは誰でも無策で「恋がしたい」という気持ちに陥ります。

しばらくの行きずりの感情であっても構わないから恋人がほしいとか、恋愛という行為自体が非常にしたいと思う瞬間。

はたしてその瞬間とはいったいいつなんでしょうか?それでは今から、独身女性が恋愛をしたくなる瞬間について紹介します。

1.美味しい料理を一人で食べている時

素敵なものを発見した時に人は誰かとその感動を一緒に分かち合いたがる本能を持っています。

旅行をしたら素敵な風景が見れる場所を発見したとか、それともいい体験ができる工房を見つけたなど。

こういう本当が湧く時に隣に仲の良さそうなカップルがいると、もしくは友達をさそっても忙しいといってもあまりのってくれなかったりする突然恋人が欲しくなります。

こうやって人はみんないいものを経験した時にそれを愛する人と分かち合いたがります。

一人でとある料理を食べに行ってそこの料理がとっても美味しかったのに、その料理の美味しさに対する幸せを語り合える人がない時、私たちは突然寂しさを感じます。

恋人がいたならその瞬間に料理を味わいながら喜んだだろうし、今すぐはできなくてもラインやメールなどで料理の写真の撮りながら恋人とグルメに関するトークができたはずです。

なのでそういう相手が自分にはないと感じた瞬間、女性は突然寂しくなるのです。

2.フリーチケットができたけど一緒に行く相手がいない時

いつものような日常を過ごしている中で突然身近な人に映画のフリーチケットをプレゼントされてラッキー!だと思ったとたん、でも一緒に行く相手もいないのに…と思う方がいらっしゃると思います。

別にすごく見たい公演や映画ではないけれど偶然フリーチケットが二枚得られた時、私たちは一緒に行ける相手を思い浮かべます。