彼氏から「会いたい」と言われても、どうしても会いたくないときってありますよね。嫌いになったわけではないけど、気分が乗らない。そんなときは誰にでもあります。

でも、「会いたくない!」と無下に断ってしまったら、彼は、自分のことが嫌なのかなと不安になったり、「なんだよ!」と不愉快になってしまうかもしれません。

彼はいつも「会いたい」と言えば会ってくれることが当然だと思っているので、あなたが断るなんて考えてもいないのです。

彼に振り回されてばかりだと疲れてしまいますよね。たまには1人でゆっくりしたり、友人と会う時間も必要。彼と一緒にいない時間もあってよいのです。

会いたくないときを乗り越えるためには、彼を傷つけたり、怒らせたりしない上手な断り方を身につけることが必要ですね。ここでは、そんなときの対処法をご紹介します。

会いたくないときにあっても楽しくないので、自分の気持ちを優先できるようにしてくださいね!

 

1.翌日の予定があると言ってみよう!

ウソをつくのはよくないことですが、たまにはウソをうまく使うようにするといいこともあります。どうしても会いたくないのであれば、会えない正当な理由を言うことが効果的です。

うやむやにしてしまうと、結局会うことになってしまいますから、彼が納得する理由をつくるのです。

  • 明日朝早く会社に行かなければいけない
  • 大事なアポイントがあって準備がある
  • 仕事が忙しくて、家でもやらなければならない

など、もっともらしい理由を話すようにします。彼に会えないと思わせることが目的なので、プライベートで忙しいというより、仕事で忙しいと言ったほうがいいですね。

仕事で忙しくて会えないのなら、彼も理解するはず。仕方がないと思ってもらえるようにしてください。

2.距離を置いて自分の気持ちを整理してみよう!

今会いたくないだけなら、仕事が忙しいと言えばいいのですが、そうではなく、しばらく会いたくないときもあるのではないでしょうか。こんなときは、彼と離れて距離をおくことをおすすめします。

好きならば会いたいと思うのが当たり前ですが、しばらく会いたくないとなると、自分の気持ちに変化が起こっているのかもしれません。

日常生活が忙しかったり、彼とデートを重ねていたり、1人でじっくり考える時間がないと、自分の気持ちを整理することができません。

RECOMMEND PR