「真剣な交際ができそう」「とにかく一途な感じがする」など、重いと言われるタイプの女性も、案外男性からは高評価だったりします。

真面目に長く付き合っていきたいと考えているなら、むしろ少し重いくらいの方がちょうどいいのかも!?だからといって、あまりにも重すぎると、やはり男性は引いてしまうようです。

もちろん軽々しすぎるのも考えものですから、何事もホドホドが一番なのかもしれませんね。男性が恋愛中に「重い…」と思ってしまう女性の特徴とは何なのか?今回はその特徴を5つご紹介します。

 

1.ひとつひとつの行動を把握

いくらお付き合いをしているとはいえ、男性の行動を全て把握し、常に状況を知りたがるのは重過ぎですね。付き合う=恋人一色になる、ではありません。

彼氏にも彼女にも、お互いそれぞれ個々の時間があるわけです。「今なにしているの?」「今日はどこへ行くの?」「まだお風呂に入らないの?」など、時間帯によって行動を聞き出す質問を投げかけられたら、息が詰まってしまいます。

そしていつもと少しでも違う行動を取ると、すかさず問い詰めてきたりするんですよね。結果として、「重過ぎるな…」と思われてしまうのです。

2.尋常じゃない束縛

いかなる理由があろうとも、女性と2人っきりで出掛けるのはアウト。さらに誰かと約束をしたら、その都度きっちりお知らせ・報告は必須。

携帯のやりとりを見せるのも当たり前で、挙句の果てには「アドレス帳から女の人を消して!」と強要…こうした行き過ぎた束縛も、重い女性の特徴です。

例えば職場の同僚など、彼女以外の女性と下心なしで食事に行く機会は、社会人男性であればいくらでもあるでしょう。しかし、束縛の激しい重い女性は、そんなことなどおかまいなし。

とにかく自分以外の女性と無駄な接触を持たないよう、彼氏の行動にキツイ制限を設けてしまうのです。自分の想いが強すぎるあまり、彼氏の気持ちを完全に無視していると言えますね。

3.しょっちゅう連絡をしてくる

電話・メール・ラインなど、あらゆる方法で連絡をしまくり、応答が無いと逆ギレ…仕事中などはすぐに返事もできませんし、彼氏だっていろいろ忙しいわけですからね。

彼氏の生活に支障をきたすようなことをすると、たちまち「重過ぎてアウト!」となります。たとえ連絡がマメなタイプの男性であっても、あまりにもしつこい連絡頻度だと、さすがに対応しきれないでしょう。

日常を邪魔されるほどの連絡攻撃を受けたら、誰だってウンザリしてしてしまうものです。しかし、彼氏しか見えなくなっている超重過ぎな女性は、そんな当たり前のこともわからなくなってしまうのです。

4.勝手に家に入って家事

彼氏のためにいろいろやってあげたい!と思うのは良いのですが、頼まれてもいないのに勝手に世話を焼き過ぎると、男性としては少々うっとうしく感じてしまいます。

RECOMMEND PR