彼女のことは好きだけど結婚となると…という男性も多いです。結婚は単に交際だけではなく家族としてやっていけるかどうか、経済状況や仕事も大事になってくるので、そう簡単には判断を下せませんよね。

そこで今回は、彼女のことが好きだけど結婚したくない場合の対処法についてご紹介します。

好きだけど結婚したくない意味とは

好きだけど結婚はしたくない状態と言うのは男女共にある事ですが結婚をしたくない理由をハッキリさせる必要があります。互いに納得の上で結婚をしないのはありですが片方が望んでいる場合は結論を出す必要があります。

好きだけど結婚したくない状態とは何らかの問題があり結婚が出来ない状態で問題を解決するか別れを選ぶ選択になります。好きだけど結婚したくない状態と対処法をご紹介。

そもそもなぜ結婚できないのか

対応を考える前に、なぜ彼女と結婚出来ないのかをしっかり考えておく必要があります。理由も曖昧でなんとなく結婚はダメとなると、彼女や彼女の両親に対しても失礼ですし、交際もうまくいかなくなってしまうかもしれません。

好きだけど結婚したくない場合のケースをご紹介します。

1.家庭的かどうか

好きだけど結婚したくない

家庭的かどうかという要素は結婚する上でとても重要です。毎日食事を作ってもらうことがほとんどですので、彼女には必要ない要素でも、奥さん、妻となると必須の条件です。

2.浪費癖があるかないか

金銭感覚もある程度合わないと結婚生活が破綻してしまいますよね。彼女に浪費癖があれば先行きが不安になりますし、せっかく自分が稼いでも浪費されれば、ストレスが貯まって即離婚の危機です。

3.一緒にいて落ち着くかどうか

彼女と奥さん、同じ人でも全くの人格になることも珍しくありません。一緒にいて落ち着けると心から思えればいいですが、交際時点で少しでも疑問に思う所があれば、解消するまでとことん彼女と向き合いましょう。

4.その人との結婚後の将来が見えるか

一緒に幸せな家庭を築けるかどうか、これは相手の女性によってイメージできるかどうかが大きく左右されます。

もちろん男性がリードするのが基本ですが、男性さえ頑張れば良いというものではありません。

女性自体も家庭を支えてくれるような存在でなければ、きっと途中で挫折してしまうイメージが生じて気持ちがマイナスになってしまうでしょう。

5.結婚後の信頼関係が築けるか

彼女との信頼関係は、今後の結婚生活を考える上で必要です。お互い信頼出来ないようなことをやらかしていたり、どちらかが軽率な行動を繰り返しているようであれば、結婚に踏み切れないのも当然です。

交際と違って夫婦は簡単に別れることができないので、それだけ慎重にならざるを得ません。

6.上っ面だけではない美しさがあるか

付き合いたいだけの美人という表現が似合う女性がいます。とても結婚するイメージはわかないけど、一度付き合ってみるくらいなら良いかな…程度の女性のことです。

こういった女性とは結婚に至ることがほとんどありません。初めから先入観を持って付き合うと、それを払拭するのはとても大きなエネルギーを消費します。

7.まだ結婚するイメージが出来ない

結婚するには幸せな家庭を築くイメージを持つことが必要ですが、それが出来ないと言えば相手も納得してくれるはずです。

ただこのとき注意なのが、ただできないというのではなく、何がダメなのか課題点を明らかにしてあげることが必要です。

『君は浪費癖があるから結婚となるとそこが不安だ。』といったように、具体的なポイントを指摘してあげると、相手も改善する点が分かって行動しやすいです。

8.まだ気持ちも貯金も準備ができてない

こちらもまだ結婚には踏み切れないときに使うのですが、必ず期日を設けてそれ以内に答えを確定するように約束しましょう。

一度約束すれば嫌でもそれまでに決断を下します。自分を追い込んで白黒はっきりさせましょう。

きっぱりと結婚出来ないと言う

最後はきっぱりと『結婚出来ない』と言って、最悪の場合そのまま別れましょう。結婚しないのであれば彼女にとって時間の無駄でしかありません。

彼女の時間をいたずらに浪費させることはよくないので、この場合キッパリ言ってあげた方が親切です。