外国人だからこそのプレゼント!サプライズプレゼント!日本人ではしてくれなそうなプレゼントなど、少し憧れてしまうような内容までここでは紹介していきましょう。

1.自国のプレゼント

これは、彼の産まれた国が原産の物をくれるという事です。例えば、フランスの彼から貰ったプレゼントは、今や有名になった「マカロン」。

貰った当時は日本にマカロンを売っているお店は無く、フランスに行った人しか知らなかった食べ物で自分も食べたことが無く、全ての味を少しずつ試食して楽しみました。

また、グッチやルイヴィトンといったブランド物が多いフランスならではのプレゼントに「香水」が有ります。日本で購入するよりも安いという理由があるみたいで、たくさん買ってきてプレゼントしてくれました。

2.花のプレゼント

日本人の男性は、あまり花をプレゼントしてはくれないですよね。何かコンクールなどがあるとくれますが、普段の生活で花をくれる人はあまりいないように思えます。

その点、外国の彼は何もお祝い事が無いにも関わらず花のプレゼントをしてくれます。お迎えに来てくれたと同時に花を渡してくれ、「好きだよ」という言葉をかけてくれます。

そんな甘くロマンチックなシチュエーションに心はクラクラです。また、花と言ったらバラの花がおなじみですが、女性の好きな花を覚えてくれて常にその花を探して買ってくれるというまめなところも嬉しく思う点です。

因みに、ハワイの男性はレイ(生花で出来た花飾り)をくれることが多かったです。

3.サプライズプレゼント

例えば、犬が好きだとしましょう。日本の彼の場合、「好きなんだね」くらいで終わります。しかし、外国の彼の場合は好きなものを目にすると内緒で買って、サプライズでくれます。

渡すときのさりげなさがまた嬉しい。渡してくれるのも、わざわざ買ってあげたという感じではなく、そこにあったから「これ好きでしょ」そんな感じでくれます。

実際、旅行に行った際など頼んだりねだったりしていないにも関わらず、道中で見つけたハート形の置物に知らない間に名前を彫ってもらったり、鍵につけるキーチェーンに名前を入れて貰ったり、「愛犬に似てたと」言ってプレゼントをくれたりと、サプライズ感が有るので、常に自分を考えてくれているなと感じて嬉しくなります。

4.航空券のプレゼント

これは、ビックリ!海外に行ってしまった彼からの航空券のプレゼント。日本人同士であれば、国内の飛行機・新幹線になるでしょう。

海外にいく航空券はやはり金額も高いし、そうそう行くことの無い国だったりするので、ワクワク感と本当に大切にされている感が増して嬉しくなります。

5.ビデオメッセージプレゼント

誕生日に、お互いが自分の国にいて会えない時、ビデオメッセージでお祝いをしてくれ記憶にも残りとても嬉しいプレゼントになります。