人付き合いが苦手と言っても、かなり苦手レベルに差があります。仕事は一応してるけど「実は人付き合いは苦手なんだ」というレベルもあれば、根っからの人嫌いというレベルまで様々です。

今回の「人付き合いが苦手な人のあるある7選」は、かなり人付き合いが苦手なレベルの人たちの「あるある」です。

同じようなレベルの人でも、そうでない人も「ちょっと、わかるかも・・」と感じてもらえる7選をご紹介します。

1.大人数で話すと段々眠くなる

女子会やママ友会など大人数の女性の集まりに参加すると、何故か眠くなるという症状に身に覚えはありませんか?

人付き合いが苦手な女性は、自ら話しかけたり話題を提供することはまずありません。

なので、基本的に女性の集まりでは聞き役に徹して「はぁ」「そうですね」などの相槌を打ち続けることになるわけですが、ずっと相槌を打ち続けると、段々人が話している内容が頭に入って来なくなります。

右の耳から入って、左の耳から抜けていくという状態。なので、徐々に意識が遠のいて眠くなってくるわけです。

いっその事、参加しなければいいじゃんというレベルなんですが、人付き合いが苦手なだけに断れなかったという結果がコレ。

2.買い物中に知ってる人が見えたら隠れる

人付き合いが苦手な女性は、そもそも知っている人に会いそうだなと思われる時間には買い物に行きません。

この時間は穴場という時間を狙って買い物に出るのが普通なんですが、それでも稀に知ってる人に出会ってしまいます。

顔を合わせたら面倒なご近所さんや会いたくないママ友など、知っている人を見かけたとたんに 普段は大人しい彼女も思わぬ瞬発力を見せます。

まるで忍者のごとく、姿を消すのです。ある意味で、知っている人を瞬時に見つけだすという能力にも長けています。

なので、買い物中に「あら、○○さん!こんにちは~」というような会話は、彼女たちには起こりえないことなんです。

3.服屋で店員が近づいてきたら店を出る

とにかく静かにマイペースにショッピングをしたいと望んでいるのに、そこに入る邪魔者。声をかけられたくもないし、声を出すのもイヤ。