あなたの会社の女性社員比率は多いですか?それとも少ないですか?「女性社員が多いと面倒くさい」「揉め事が多そう」とよく言われています。実際男性社員比率が高い会社より、面倒なことが起こる可能性は高いのです。

だからといって、転職するわけにもいかず、せっかく入った会社なのに、人間関係がうまくいかなくて仕事もできなくなってしまうと困ります。

仕事、職場は人間関係が大切。人間関係が崩れてしまうと会社にいられなくなってしまうのです。特に女性社員が多い会社では要注意。対応を誤ると、とんでもないことになるかもしれません。

そこで今回は、女性社員が多い会社で、新人女性がうまく生きていくための処世術をご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

1.キーパーソンを見つけて仲良くなろう!

会社には必ず、キーパーソンとなる先輩女性がいるはず。業務上での中心人物ではなく、あくまでも雰囲気を左右するキーパーソン。まず、そのようなキーパーソンが誰かを見極めましょう。

このような女性は社歴も長く、怖いものなし。上司にもガンガン言いたいことを言っていますし、周りが気を使っているのです。

仕事が出来なくても態度が大きく、「私はなんでも知っている」という空気を周りにまき散らしています。

社歴が長いということは、それなりに年齢も重ねており、いわば職場のお母さん。ちょっとうるさい印象を受けるかもしれません。

入社してすぐにキーパーソンは誰かわかりませんが、しばらくするとわかるもの。わかるまでは、じっと観察していましょう。

そして、誰がキーパーソンかわかったら、なるべく謙虚に、でしゃばらず、「お仕事教えてください」「会社のことを教えてください」という態度で接し、可愛がられるようにしてください。

2.男性社員と仲良くしない

新しく入社してきた女性社員に男性社員は興味深々。付き合いたいという気持ちがなくても、新鮮な異性には誰でも興味を持つのです。

だからといって、はしゃいで騒いだり、仲良くしたりすることはおすすめしません。

古株の女性社員に興味を持つ男性社員はいません。先輩方から嫉妬され、いじわるをされることがあるので、男性社員を軽くあしらうようにしましょう。

「なんであの子がチヤホヤされるの!」「若いからっていい気になって!」。あなたには身に覚えがないことを影で言われたり、露骨に嫌味を言われたりしたら大変です。

特に古株の独身女性には注意してください。自分のことは相手にしてくれないのに、みんなが新しく入社してきたあなたに注目することが面白くないにちがいありません。