恋愛は、燃え上げる物です。彼氏のことを知れば知るほど好きなになる。皆様もそんな燃え上げる恋愛を経験した事が有ると思います。

しかし、恋愛とはいきなり恋が冷めたり、相手がつれない態度になったりといい時期ばかりでは有りません。そこで、今回は彼氏が好きだけど、余り好き好きっと迫らない方がいい時期や場合について詳しく解説しております。

 

1.彼氏の態度が少し冷たく感じた時

普段の付き合いの中で、初めの事は凄く優しかった彼氏の態度が何だか最近冷たく感じた時です。

この様な気持ちを感じた時は、物凄く寂しい気持ちになります。しかし、恋愛は燃え上がれば、燃え上げるほど、長い付き合いになってくると、初めの刺激的な付き合いから、落ち着く物です。もしかすると、彼氏は、恋愛の倦怠期を迎えているのかも知れません。

倦怠期はカップルでも同じ時期にくるものではないので、そんな時期につい、不安になり過ぎて、好きだよ。

好きって最近言ってくれないなど、と言い過ぎては、相手が付かれる恐れが有ります。そんな時は、焦らない自分でいる様に務めて、彼氏が又、恋愛仕立ての様に、やっぱり貴方が好きだわと言う気持ちが戻ってくるのを待ちましょう。

2.彼氏に他の女性の影がある?と感じた時

これは、とっても、悲しい事ですが、他の女の影がある?と少し感じてしまった時です。

この時期にも、急に焦って彼を追いかける様な態度で、好き好き攻撃で迫っては、いけません。この様に感じたら少し距離を取たり、彼氏の出方を観察するのも、大切です。

もしかすると、女のお友達だったとか、ただの、職場で少し仲良く仕事をしている仲間だったと言う勘違いや早とちりの可能性も有りますので、女の影がある?

っとか不安になった時には、慎重になり、自分なりに少し調べて見ましょう。それで、勘違いと分かると又いつものように、好きっていってあげましょう。この理由は、もし、女の影がある場合に好き

と言い過ぎると、相手が、安心しきってしまったり、少し心が揺れて二股を考えてしまうなどの事態になってしまっては、大変です。

そんな時は、冷静になり、相手も自分に向いているかなどを少し確かめるのがお勧めです。

それで、相手に女性がいる場合はお付き合いを考え直しましょう。好きだけれど、これは、ほっておくと、自分自身を傷つけるおそれが有ります。

3.彼氏の仕事が余りにも、忙しく、あっていても疲れきっている時

仕事が忙しすぎて、疲れ切っている時は、話しを聞いて上げたり、癒して挙げるのが、まず、一番です。ですので、余裕が少し戻った様子や、リラックスしているなとゆう様子が伺えた時に、好きと声を掛けてあげることがお勧めです。

RECOMMEND PR