コミュニケーション障害(通称:コミュ障)は、一般的に人との対話が上手くできないことを指します。例えば、急に声をかけられる、また、何かを話さなければならない環境で、なかなか話すことができずにアタフタしてしまいます。

コミュ障はこれまで育ってきた環境が大きく影響することから、すぐに治すことは難しいです。しかし、長い目で見て徐々に回復させることは可能です。

ここでは、コミュ障の人が恋愛に成功するためにすることについて取り上げ、ご紹介していきたいと思います。

1.恋人が話しているときに目を見ることから始める

話をするときに相手の目を見て話をすると、より気持ちを伝えやすくなります。コミュ障の方に限らず、恋人に対して好きという感情を伝えることは恥ずかしいものです。

一般的に、コミュ障の方は人の目を見て話さないという特徴があります。その心理は、話すこと自体が恥ずかしかったり、自分の気持ちが見透かされているようで照れたりする心が働きます。

コミュ障の方は話すときに、下を向いてウジウジした様子が多く見受けられますが、一般の方と違って、きちんと恋人を見てしっかり話すことが難しいようです。

まずは話すときに恋人の目を見て話せるようになることが、恋人へ気持ちを伝えることができるきっかけとなることがあります。

話さなければお互いのことが理解できません。コミュ障の方は、スムーズに話すこともままならない状況ですが、お互いが話せる環境を自分で作っていくことが大切です。

恋人の目を見て話すことが、相手への気持ちを伝えるきっかけとなり、恋がさらに発展する可能性が高まります。

2.会話がだめなら、身振り手振りで

コミュ障の方の最大の欠点は、話すことが苦手で上手に気持ちを伝えることができないことです。

話すことに自信がなかったり、恥ずかしかったりすることが原因として挙げられますが、無理に話す必要はありません。

例えば、話すことに限界を感じても、身振りや手ぶりで気持ちを伝えることもできます。実際の言葉と比べると身振り手振りの方が気持ちを伝えることのできる効果が薄くなりますが、コミュ障の方にとっては最大の武器となることでしょう。

恋人に気持ちをどれだけ伝えることができるかが、恋愛を成功に導くために大切なことです。

言葉で気持ちを伝えきれない部分を、身振り手振りで補うことも1つの方法です。コミュ障の方が、恋愛を成功に導くために、会話術を勉強する努力をすることも大切ですが、すぐには改善できません。

話すことが苦手で、感情表現を上手にできなければ、身振り手振りを使って相手に気持ちを伝えることをおすすめします。