職場での男女の間では、時々「恋愛勘違い」なるものが発生するときがあります。

「○○さんって、絶対に私に気があるんだわ」「○○さんに懐かれて困っちゃうよ」などなど。

周囲からみれば「あの勘違い、笑える!」とクスクス笑うか、「自分の顔、もう一回ちゃんと鏡でみてきなさい」と思わず指摘したくなることも。

そうなんです、恋愛勘違いは、高飛車&ナルシスト人間よりも、「普段は全然モテないタイプの男女」に発生する頻度が高いようです。

これはとーっても、深い問題。だけど、そもそも「恋愛勘違い」って何なの?どこからが本気でどこからが勘違い??その曖昧すぎる線引きを、一度じっくりと探ってみることにしましょう。

良好な人間関係から生まれる「恋愛勘違い」

「人間関係の良好な職場が一番」という思いは、誰もが同じ。言いたいことを言うだけ言って、不快なことは態度に堂々と表して、横暴な態度をとるような会社員は、男性女性共に減少しました。

上下関係は無視して、全員が全員に敬語、全員が全員に役職は飛ばして「さんづけ」で呼ぶ、を徹底している会社も増えています。

そんな中で、誰もが、少なくとも職場では「いい人」でいる、という風潮があちこちで生まれています。

彼女いない歴30年のモテない君にも、美人同僚は優しく微笑みかけます。こうした、良好な人間関係を目指す社風から、「恋愛勘違い」が生まれていくと考えられます。その同僚は他の誰もに優しく微笑みかけているので、それをしっかり観察しておきましょう。

「距離が近い!?」これも勘違いを起こす1つの要素

例えばPCの画面を後ろから覗き込んだとき、たまたまキスできるくらい間近に異性がいた!ごく普通の常識社会人であれば、「しまった!」とばかりにすぐに引っ込めて、「ごめん、失礼」の一言も添えるでしょう。

ですが、たまにその距離、パーソナルスペースにとても鈍感な人が存在します。何事もなかったように至近距離に長く居続ける、また、手や肩が軽く触れる程度の、はずみのボディタッチにまったく無頓着な人がいます。

している側としては、鈍感なだけで、何も意識していないのに、された側が過剰に反応して、「あの人、距離が近いんだよね。皆に、そうじゃない?私だけかしら」と、恋愛勘違いが始まってしまうのです。

やたらと社内でよく会う。これって…??

休憩室にいったらいつも彼がいる。外にランチに行ったらいつも「また会ったね」と彼がいる。

やっぱり、あの人、私に気があるよー、と思ってしまうのは、よくある話。本当に彼があなたに気がある可能性もゼロではありません。